キャリアモデル 地域基幹職、エリア基幹職、業務職・営業職、一般職の先輩のキャリア

お客さまのビジネスや暮らしに貢献したい。その思いをかなえる手段が、ここには豊富にある。

法人営業部2007年入社

間 彬Akira Hazama

間は法人営業部に所属し、企業を対象にゆうちょ銀行の各種サービスを提案している。終始にこやかに、柔らかな物腰でインタビューに応じるその姿は、顧客企業と確かな信頼関係を築いている日頃の仕事ぶりを彷彿とさせる。一方で、入社動機を「民営化で大きな変革が起こるからこそ、興味を引かれた」と語るように、変化や挑戦をためらわない、内に秘めた情熱を併せ持つ。間は入社以降、何を体験し、何を感じながら現在地へとたどり着いたのか。物語は2007年、大阪市内の店舗から始まった。

Story 1  愛される企業だからこその、
喜びと、厳しさと

地域の温かさに育てられた新人時代

大阪市内と言っても、そこは決して高層ビルが立ち並ぶ都心部ではない。間が入社して最初に配属された店舗は、周辺には農地もちらほら。長く地域に根付いた暮らしを営んできた人が数多く住まうエリアだった。
「窓口サービス部に配属され、ご来店されるお客さまの対応を担当しました。毎日の仕事を通じて、基本的な銀行業務や商品知識を学んだ時期です。」
間は、就職先としてゆうちょ銀行を選んだ理由のひとつに、「最も身近な企業であり、世代を超えて愛されている会社」であることを挙げている。実際、ゆうちょ銀行の窓口には日々、さまざまな人が訪れている。
「特に用事はないけど、『間さんの顔を見に来たよ』と言って立ち寄ってくれる人もいて、みんなに愛されている会社であることを実感しました。」
地域の暮らしを支えるゆうちょ銀行は、地域にとっての財産でもある。そこへ配属された新人社員もまた、かけがえのない地域の宝。社員だけでなく地域の人々にも支えられながら、間は最初のキャリアを踏み出していった。

話すよりも聞く、今に続く大切な方向転換

入社して3年が経った頃、間は窓口サービス部から渉外部に異動する。窓口サービス部がその名の通り、店内の窓口に来店されたお客さまにサービスを提供するのに対して、渉外部は自らがお客さまのもとへと出向いていく。個人を対象として資産運用に役立つ商品等の提案を行うことが主な役割だ。間は、今では「店内にいるより、自分から出向く方が性に合っていたように思います。」と言うが、最初から渉外の仕事がうまくいったわけではない。「身近」で「親しまれている」ゆうちょ銀行であっても、訪問先で門前払いとなってしまうことは少なからずあったのだ。
「せっかく話を聞いてもらえても、なかなか契約には結びつかない時期がありました。そんなとき、上司や先輩たちは快くお客さまのもとへ同行してくれたり、アドバイスをしてくれたりしました。若手を育てようという思いをみんなが持っている会社だと、改めて感じた時期でもあります。」
間がこのとき学んだことのひとつが、相手の話をしっかりと聞くことの大切さ。間は「提案しよう」「商品を説明しよう」という思いが強すぎて、お客さまの要望や悩みに対して、十分に耳を傾けられていなかったのだ。そのため、成果は上がらず、焦りが募ってさらに自分ばかりが話すという悪循環に陥っていた。上司や先輩はそのことを指摘し、手本を示してくれた。間を今も支えている、大切な体験だった。
そしてもうひとつ心に刻まれたのが、お客さまをはじめとした地域の人々の温かさだ。 「採れたての野菜をくださるお客さまや、『朝ごはんは食べた?まだだったら、うちで食べていったら?』と声をかけてくださるお客さまがたくさんいらっしゃいました。厳しい経験もしたからこそ、そういった優しい言葉が心に響いて……。『ああ、やっぱりこの会社はみんなに愛されているんだ。』と実感できました。そして、その気持ちに応えたいという思いが湧いてきました。私にとって、原点ともいえる体験です。」

Story 2  グループ全体の"総合窓口"
となる気概で臨む。

相手の課題に耳を傾け、解決策をともに考える

間が渉外部に配属されて1年半。お客さまとの信頼関係を築きながら商品を提案する経験を積み重ねてきたが、そこに上司から異動の打診があった。現在所属する、法人営業部への異動だ。
間がそれまで所属していた渉外部は、個人を対象として資産運用商品などの提案を行う部署。法人営業部の対象は、企業や団体など。社員の給与振込先や電気・ガス料金などの引落し元として、ゆうちょ銀行の利用を提案することが主な役割だ。
「以前から法人を対象とした仕事には興味がありました。それに、法人営業部という部署自体が当時立ち上がって2年程度という若い部署で、全国でも東京と名古屋と大阪にしかない限られた職場。『やってみたい』という意欲がどんどん大きくなりました。」
企業にとって、新たな金融機関と取引を始めるということは、非常に大きな決断でもある。間にとって、それはすなわち成果を上げるまでの道のりは決して平坦ではないという意味だ。
間はこう語る。「自分のことをゆうちょ銀行の社員としてのみならず、郵政グループが提供するすべてのサービスの総合窓口でもあると考えるようにしました。例えば、お客さまとお話しをする中で、荷物を発送する料金で困っている旨のご相談があれば、日本郵便の担当者をご紹介し、その担当者がプランを提案することもあります。」
一見すると、遠回りにも思える取り組みだ。しかし、間は、相手の悩みや期待に耳を傾けることの大切さを渉外部時代に学んでいたため、焦ることなく日々の仕事と向き合った。そして、自身が進んでいる道が着実に目標へとつながっていることを確信できる出来事を体験することとなった。

試験的スタートから定番、さらに多エリア展開にまで成長

そのお客さまは、顧客に販売する旅行プランの充実に頭を悩ませていた。宿や料理が魅力的で、なおかつお手頃な価格のプランを実現したいと相談されたのだ。その時、間の頭に浮かんだのが「かんぽの宿」、日本郵政が運営する宿泊施設だ。
「かんぽの宿は、平日の稼働率を高めたいという課題を持っていました。ということは、平日であれば値段を抑えたプランを作れるのではないかと考えたのです。さっそく、お客さまから紹介依頼があり、かんぽの宿の担当者による具体的な提案へとつながったのです。」
間のこの思惑は見事にハマる。試験的に販売したプランが目標を上回る売上を記録し、正式な商品として採用。さらに、対象地域も近畿だけに留まらず、東海、四国、九州へと広がっていったのだ。日本郵政グループ"総合窓口"の間は、その役割を存分に果たしたと言えるだろう。そして同時に、間はお客さまからの揺るぎない信頼を得ることができた。

Story 3  広い視野で、
会社と世の中を見つめる。

お客さまの役に立てることが、自分の喜び

間にとってかんぽの宿の一件は、新たな心境へと導いてくれるきっかけとなった。それは、「相手の喜びこそが自分の喜び」という、働く上での大きなやりがいだ。
かんぽの宿と連携することで、お客さまは売上の向上という成果を得ることができた。一方でかんぽの宿は、平日の稼働率という課題を克服することができた。自分が双方を取り持ったことによって両者が幸せになったという、間はそのことが嬉しいのだ。
「確かに私の役割はゆうちょ銀行の利用を促進することです。でも、そこをゴールにしたり、そこに喜びを見出していては目標にたどり着けないことがわかりました。むしろ、お客さまの課題を解決するお手伝いができ、コスト削減や売上向上という成果が出たときのほうが嬉しいです。このことを積み重ねていったら、自然とゆうちょ銀行のご利用へたどり着くように思います。」

意識を少し変えれば、ヒントがいくつも見えてくる

間は、今、改めて「ゆうちょ銀行で仕事をしていて良かった」と感じている。なぜなら、お客さまに貢献するための手段がゆうちょ銀行内だけでなく、グループ内の幅広い組織にあふれているからだ。また、それらに精通した上司やベテラン社員が大勢存在し、アドバイスを送ってくれるからだ。
「生活の幅広いシーンにご利用いただけるサービスを持ち、ネットワークは全国に広がる。そして、若手に活躍の場を与えてくれ、しっかりと支えてくれる先輩や上司たちがいる。こういった背景があるからこそ、私は思う存分『お客さまのためになることを!』と考え、行動できているように思います。」
入社間もないころ、自らの視線のほとんどは目の前の仕事や商品に向けられていた。「今は、ゆうちょ銀行の全体を見つめるように心がけていますし、グループ全体も意識するようになりました。お客さまの業種もさまざまです。」と言うように、間の視野は随分と広がった。そしてその広い視野で、お客さまの役に立つための情報をキャッチしようとしている。
「法人営業部に配属されて学んだことは、相手に興味を持ち、好きになることの大切さ。それまで知らなかった会社でも、ちょっと意識するだけで、実はニュースや新聞、街で目にすることはたくさんあるんです。そうすれば親しみがわき、『役に立てることはないかな?』という気持ちが生まれてくる。このことは法人営業だけでなく、渉外やそのほかのすべての仕事にも通じると思います。社会人として、次のステップに進むための大切なヒントをここで得ることができました。」
間は、今日も新聞に目を走らせ、社内外で多くの人と言葉を交わし、街を眺める。そして、お客さまのもとへと足を運ぶ。彼の頭の中にはきっと、「お客さまのため」のとっておきの提案が浮かんでいるはずだ。

日本郵政グループを知る

これまでに培ったお客さまとのつながりを大切にしながら、お客さまの人生のあらゆるステージでお役に立てる企業グループを目指します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職、エリア基幹職、業務職・営業職」、および「一般職」の三つの採用区分があります。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。