1. TOPページ
  2. 日本郵政グループを知る

日本郵政グループを知る

日本郵政グループは、全国の郵便局ネットワークを通じて、郵便・貯金・保険の三事業を中心としたさまざまな商品・サービスを提供しています。そして、お客さまの生活全般に深くかかわり、お客さまと地域・社会のお役に立ち続ける企業グループ、「トータル生活サポート企業」を目指しています。

商品サービスの提供・地域社会への貢献

郵便局

郵便局は日本郵便株式会社の店舗です。

  • 郵便局をメインとするきめ細かいネットワークを通じ、お客さま満足度No.1のサービスを提供する「最も身近で信頼される銀行」であるとともに、「本邦最大級の機関投資家」として、適切なリスク管理のもと運用の高度化・多様化を推進します。
  • 146年の歴史を持つ全国ネットワークを最大限に活かし、お客さまの多様なニーズにきめ細かくお応えしていくために、あたらしい商品・サービスを提供し続け、お客さまのよりよい生活をサポートする「トータル生活サポート企業」を目指します。
  • 101年前に誕生した「簡易生命保険」の社会的使命を受け継いで、全国の郵便局を通じてお客さまに簡易で小口な生命保険を提供しています。

郵便局は、1,741すべての市町村(※)に計24,421カ所あり、日本全国を網羅しています。これらの郵便局は、日本郵政グループがお届けする郵便・貯金・保険などいろいろなサービスの拠点となっており、これまで長い間地域に密着した存在として、皆さまに愛されてまいりました。日本郵政グループは、今後とも郵便局を郵便・貯金・保険のサービスがあまねく全国において一体的にご利用いただける拠点としながら、郵便局を活用した便利な新サービスを地域の皆さまにお届けしてまいります。
(※)東京都の特別区(23)を含む(2017年3月31日現在)

日本郵政グループ各社について

日本郵政グループ各社についてご紹介します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。
ここでは、三つの採用区分の違いとそれぞれの仕事概要についてご説明し、各職種で活躍している社員を紹介します。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。

採用情報(2018年度)

日本郵政グループ各社の採用情報を掲載しています。