1. TOPページ
  2. 日本郵政グループを知る
  3. 株式会社ゆうちょ銀行について

株式会社ゆうちょ銀行のビジョン

株式会社ゆうちょ銀行のビジョン

最も身近で信頼される銀行へ

私たちがお預かりするのは、
お客さまひとりひとりからの信頼です。
世界も注目する本邦最大級の177.8兆円の貯金残高は、
今まで築いてきたお客さまからの信頼の証であり、
多くの人々の生活に寄り添い、世の中に不可欠なインフラとして
ご利用いただいている証でもあります。
私たちは、日本全国すべての人にとって、
「最も身近で信頼される銀行」を目指しています。

VISION AND MISSION ビジョンの実現に向けて

誠実で高い志を持ったチャレンジングな力を求めています

ゆうちょ銀行は、幅広いお客さまに安定的な金融サービスを提供する「最も身近で信頼される銀行」を目指しており、国内最大規模の銀行としての役割を果たしながら、常にお客さまの声に耳を傾け様々なニーズにお応えできるよう、新規分野にも積極的に取り組み、更なる利便性の向上に努めています。

私たちは、お客さまの生活全般への貢献ということを心がけ、それを日々実現していくための基盤を固めることが重要だと考えています。全国233の直営店と約24,000の郵便局という、他に例を見ない規模のネットワークが私たちに与えられた最大の武器であり、私たちがお預かりする177.8兆円の貯金は、お客さまと築いてきた信頼の証です。
これをどこまで維持・活用できるかは「人」にかかっているといっても過言ではありません。

私たちは、これからもお客さまの生活全般へ貢献する金融サービスを提供するため、誠実で、高い志を持ったチャレンジングな力を求めています。

株式会社ゆうちょ銀行の事業

Super Regional & Super Global

当行は、「Super Regional & Super Global」の事業モデルを掲げています。
全国233の直営店と約24,000の郵便局ネットワークを通じ、それぞれの地域でお客さまに寄り添うRegionalなアプローチを展開するとともに、「本邦最大級の機関投資家」として適切なリスク管理のもと運用の高度化を推進し、Globalな運用で安定的収益の確保を目指しています。

主な事業内容

リテール事業
全国233の直営店と約24,000の郵便局ネットワークを通じ、それぞれの地域でお客さまに寄り添うRegionalなアプローチを展開することで、1億人規模のお客さまの生活、資産形成に貢献するリテールサービスの推進に努めています。郵便局を中心としたネットワークを通じたコンサルティング営業の強化や、地域金融機関との連携によるATMネットワークの拡大により、お客さま満足度No.1のサービスを提供する「最も身近で信頼される銀行」を目指し、全国のお客さまの利便性の向上、資産形成のお手伝いに取り組んでいます。
運用事業
「本邦最大級の機関投資家」として適切なリスク管理のもと運用の高度化を推進し、Globalな運用で安定的収益の確保を目指しています。204.8兆円の運用資産は世界の中でも指折りの規模で、東京をはじめ、ニューヨーク、ロンドン、シンガポール、香港など、ドラスティックに変化する金融市場の動向把握に努め、グローバルな視点から様々な金融商品・投資手法を駆使した運用を通じて、世界経済の発展に大きく貢献しています。

事業トピック

ゆうちょATMで全国すべての地方銀行のカードがご利用可能に
ゆうちょATM イメージ
利便性の高い場所などへのATMの戦略的配置に取り組むとともに、地域金融機関との連携を拡大し、2016年1月には、当行ATMで全国すべての地方銀行のカードがご利用いただけるようになりました。さらに、16言語対応などの機能を追加した小型機を導入し、今後全国のファミリーマート店舗をはじめとした利便性の高い場所への設置の拡大を進め、役務手数料の収益拡大を目指しています。
資金運用戦略の展開
ゆうちょATM イメージ
国債運用等により安定的な収益の確保を目指す「ベース・ポートフォリオ」と、国際分散投資などでより高いリターンを追求する「サテライト・ポートフォリオ」の2つを基軸に、市場環境に応じたALM(資産・負債の総合管理)を展開しています。歴史的低金利の継続の影響によるベース・ポートフォリオの残高の減少に対応し、海外の投資適格債を中心とした外国証券投資の拡大や、外貨資金の調達に取り組み、サテライト・ポートフォリオの残高は約48兆円(2014年度末)から約61兆円(2015年度末)に増加するなど、その運用資産の内訳を大きく組み替えています。また、運用高度化に伴うリスク管理態勢の強化のため、「リスク管理部門」を新設し、関連する部署一元化を行ったほか、専任の担当執行役を配置し、リスク管理態勢の強化を図っています。
人材育成への取組
人材育成への取組 イメージ
OJTと研修を人材育成の両輪としながら育成の相乗効果を図っています。職場におけるOJT体制を明確化するとともに、各役職に期待される役割に応じた階層別研修、従事する仕事に応じた職能別研修などを実施しています。また、充実したOJT・研修制度と合わせ、社員ならば全員が無料で受講できるeラーニング環境(ゆうちょCafé PRO)や通信教育、資格取得支援などの自己啓発支援制度を組み合わせ、ゆうちょ銀行の全体的な人材の強化を図っています。
金融教育への取組
金融教育への取組 イメージ
小学生・中学生を対象に、学校への出前授業などの金融教室を開催しています。 オリジナルの教材を使用して、お金の大切さ、お金との付き合い方を伝えることで、子どもたちが正しい金銭感覚を身につけることができるよう育成をお手伝いしています。 2015年度は、39校の小中学校などに、計65回の金融教室を開催しました。また、全国6か所で実施した「ゆうちょアイデア貯金箱コンクール」入賞作品展示会において、計6回、金融教室「楽しくお金を学ぼう!」を開催しました。

株式会社ゆうちょ銀行の事業講演ムービー

会社の魅力

働く魅力

株式会社ゆうちょ銀行の社員紹介

日本郵政グループを知る

これまでに培ったお客さまとのつながりを大切にしながら、お客さまの人生のあらゆるステージでお役に立てる企業グループを目指します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職、エリア基幹職、業務職・営業職」、および「一般職」の三つの採用区分があります。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。