1. TOPページ
  2. 各社について
  3. 株式会社かんぽ生命保険について

株式会社かんぽ生命保険のビジョン

株式会社かんぽ生命保険のビジョン

お客さまから選ばれる真に
日本一の保険会社を目指します。

簡易生命保険の
「比較的低廉な保険料、無診査で簡易な手続により、
国民の基礎的な生活保障手段を提供する」という
社会的使命を受け継いで、これからも、
お客さまから信頼され、愛される会社であり続けるよう、
郵便局ネットワークを通じて地域社会に貢献していくとともに、
企業価値を持続的に向上させることに
社員一丸となって取り組んでまいります。

VISION AND MISSION ビジョンの実現に向けて

いつでもそばにいる。どこにいても支える。
すべての人生を、守り続けたい。

当社は、「お客さまから選ばれる真に日本一の保険会社を目指す」という経営方針のもと、全国津々浦々の郵便局を通じて、お客さまに「保険」という安心をお届けし、お客さま一人ひとりの人生を「保険」の力で守り続けています。これからもすべてのお客さまに分かりやすい商品とあたたかいサービスを提供し、これまで以上に、ひと肌の感じられるあたたかみのあるコミュニケーションを日々実践することで、すべての人生を守り続けてまいります。
誇りと使命感を持ち若さに溢れる力を発揮して、お客さまから信頼され選ばれる会社をつくっていき、かんぽ生命の歴史を共に刻んでいきましょう。

人生は、夢だらけ。

ページの上部へ

株式会社かんぽ生命保険の事業

一人ひとりの人生を支え、
将来の安心をつくる

当社は、簡易生命保険の社会的使命を受け継いだ、資産規模、販売チャネル、顧客基盤が日本最大級の生命保険会社です。また、全国の郵便局を通じて、お客さまに簡易で小口な保険商品を提供するという差別化されたユニークなビジネスモデルで事業展開を図っており、多くのお客さまから信頼されています。これからもこのビジネスモデルを活かして、すべてのお客さまに分かりやすい商品とあたたかいサービスを提供し、一人ひとりの人生を支え、お客さまの生涯にわたる安心を築いていきます。

主な事業内容

生命保険業

当社は、代理店チャネル(郵便局)および直営店チャネルを販売チャネルとして、すべてのお客さまに分かりやすい商品とあたたかいサービスを提供しています。

代理店チャネル
日本郵便株式会社(郵便局)の渉外社員や窓口社員を通じて、個人・住域マーケットを中心に保険商品をお勧めし、保険料の収納・保険金の支払いなどを行っています。
直営店チャネル
全国の主要都市76カ所にある当社支店の法人営業部と本社法人営業開発部が、法人・職域マーケットを中心に、生命保険を活用する事業承継資金や福利厚生資金等の準備をご提案しています。

ページの上部へ

事業トピック

「かんぽプラチナライフサービス」(高齢者を中心としたサービス)
学資保険「はじめのかんぽ」の発売 イメージ
「安心感」「信頼感」に基づく「ご高齢のお客さまに優しい」サービスを提供するための取り組み(かんぽプラチナライフサービス)を推進しています。
「かんぽプラチナライフサービス」では、ご高齢のお客さまのニーズに対応した商品の開発やサービスの提供のほか、すべてのお客さま接点について、ご高齢のお客さまの目線で改革を進め、高齢者に優しいビジネスモデルを構築しています。
「新商品の販売開始」
「長寿のしあわせ」イメージ

当社は、社会環境や経済環境等、お客さまニーズの変化をとらえて各種の保険商品の開発に取り組んでおり、2017年10月から、次の3つの新たな保険商品の販売を開始しました。


  • ①医療の進歩に合わせた“医療特約 その日からプラス”
    近年の医療技術の進歩による入院日数の短期化や入院を伴わない外来の手術の増加を踏まえ、入院1日目に入院保険金日額の5日分を上乗せしてお支払いするとともに、入院を伴わない外来の手術も保障の対象にした新たな医療特約です。
  • ②保険料の負担を抑えた終身保険“新ながいきくん 低解約返戻金プラン”
    保障内容はそのままに、解約返戻金を少なくすることで、従来の終身保険と比べて保険料の負担を抑えた終身保険です。
  • ③長い人生にしっかり備える長寿支援保険“長寿のしあわせ”
    長寿化の進展に伴い必要となる生活資金の準備手段として、死亡保障を行わず返戻金を少なく設定することにより、長生きした場合の年金の受取額を多くした年金保険です。

当社は、今後もお客さまのニーズにお応えする商品・サービスを提供してまいります。

「働き方改革への取組」(ダイバーシティの推進)
「働き方改革への取組」(ダイバーシティの推進) イメージ
当社は、すべての社員がモチベーションを高く持ちながら仕事に取り組み、会社とともに社員が成長できる職場を実現するため、働き方改革を推進しています。特に、仕事を効率的に進めるという意識を醸成するため、19時30分以降の残業と休日出勤を原則禁止し、水曜日を原則定時退社日として、社員がワーク・ライフ・バランスを高い次元で実現できるようにしています。また、多様な人材が働きやすい職場をつくるため、女性社員のキャリアアップ支援施策などの「女性活躍の推進」や「障がい者の積極的な雇用」、育児や介護などで時間に制約がある社員がワーク・ライフ・バランスを高い次元で実現できるように家庭と仕事の両立を支援する施策にも取り組んでいます。
ラジオ体操の普及推進
ラジオ体操の普及推進 イメージ
当社は、経営方針に「健康促進」、「地域と社会の発展」に積極的に貢献することを掲げ、89年の歴史を持つラジオ体操の普及推進などを通じて、国民の皆さまの健康づくりを応援しています。ラジオ体操は、1928年、当時の逓信省簡易保険局が、国民の健康の保持・増進を図るために、昭和天皇の御即位の大礼を記念して制定しました。当社は、これまでに担ってきた役割を受け継いでラジオ体操の普及推進に取り組んでおり、「1,000万人ラジオ体操・みんなの体操祭」等の各種行事、ラジオ体操の小学校出張授業などを行っています。

ページの上部へ

株式会社かんぽ生命保険の事業講演ムービー

会社・事業紹介

職種紹介

株式会社かんぽ生命保険の社員紹介

日本郵政グループ各社について

日本郵政グループ各社についてご紹介します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。
ここでは、三つの採用区分の違いとそれぞれの仕事概要についてご説明し、各職種で活躍している社員を紹介します。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。

採用情報(2018年度)

日本郵政グループ各社の採用情報を掲載しています。