1. TOPページ
  2. 日本郵政グループを知る
  3. 全国に広がるネットワーク

全国に広がるネットワーク

郵便局は、1,741すべての市町村(※)に計24,452カ所あり、日本全国を網羅しています。これらの郵便局は、日本郵政グループがお届けする郵便・貯金・保険などいろいろなサービスの拠点となっており、これまで長い間地域に密着した存在として、皆さまに愛されてまいりました。日本郵政グループは、今後とも郵便局を郵便・貯金・保険のサービスがあまねく全国において一体的にご利用いただける拠点としながら、郵便局を活用した便利な新サービスを地域の皆さまにお届けしてまいります。※東京都の特別区(23)を含む(2014年4月5日現在)

全国の郵便局数(2016年3月末現在)

直営郵便局(分室を含む)
20,165
簡易郵便局
4,287
合 計
24,452

※一時閉鎖中の直営郵便局68局、簡易郵便局258局を含む

日本郵政ネットワーク図

地域

直営郵便局(分室を含む)

簡易郵便局数

北海道エリア
1,210
295
東北エリア
1,929
667
関東エリア
2,394
195
東京エリア
1,497
6
南関東エリア
953
80
信越エリア
977
356
北陸エリア
672
187
東海エリア
2,052
400
近畿エリア
3,105
356
中国エリア
1,755
516
四国エリア
933
253
九州エリア
2,511
953
沖縄エリア
177
23

日本郵政グループを知る

これまでに培ったお客さまとのつながりを大切にしながら、お客さまの人生のあらゆるステージでお役に立てる企業グループを目指します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職、エリア基幹職、業務職・営業職」、および「一般職」の三つの採用区分があります。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。