日本郵便株式会社の事業

日本郵政グループにおける
「お客さまとの接点」として

約140年の歴史を持つ全国ネットワークを最大限に活かし、お客さまの多様なニーズにきめ細かくお応えしていくために、新しい商品・サービスを提供し続け、お客さまのより良い生活をサポートする「トータル生活サポート企業」を目指します。

主な事業内容

店舗サービス

全国約24,000の郵便局を通じて、グループ各社の商品・サービスに加え、幅広いニーズに対応した新しい商品・サービスを提供しています。

グループ3社の商品・サービス
郵便・貯金・保険というグループ3社の商品・サービスを提供しています。
  • ・郵便窓口業務や印紙の販売等を行います。
  • ・ゆうちょ銀行の銀行代理店業務や、国債や投資信託を販売する金融商品仲介業務を行います。
  • ・かんぽ生命の募集代理店として、生命保険の募集を行います。
新しい商品・サービス
お客さまの多様なニーズに対応し、郵便局のワンストップ機能を向上させるため、新しい商品・サービスを提供しています。
  • ・自動車保険や第三分野保険商品など、これまでの郵便局では取り扱っていなかった新たな金融商品を取り扱っています。
  • ・郵便局にカタログ・チラシ等を設置し、掲載商品の販売等を行っています。産直食品中心の展開でチラシ等により全国の地域産品の掘り起こし、拡販にも貢献しています。
  • ・定形外郵便物として送付できる「ご当地フォルムカード」や、郵便局の店頭スペース等を活用した広告事業などの新商品・サービスの開発に取り組んでいます。
物流サービス

郵便のユニバーサルサービスを提供し続けていくとともに、新たな分野へも積極的にビジネス展開しています。

郵便配達・国内物流事業
郵便配達に加え、ゆうパックやゆうメールなどの運送サービスも提供しています。
郵便物の企画・作成から発送までをワンストップで請け負うサービスも提供しています。
ロジスティクス事業
企業からの委託を受けて物流業務の改善に係るコンサルティングを行うとともに、荷物の輸送・保管・荷さばきなど、一連の物流業務を一括受託するサービスを提供しています。
国際物流事業
新たな貨物分野における国際物流事業を展開し、増大する国際物流ニーズに対応しています。荷主ニーズの大きいアジアを中心に、小口貨物から大口貨物まで、幅広い国際物流サービスを提供しています。

事業トピック

年賀はがきの新しい取組
年賀はがきの新しい取組 イメージ
年賀はがきというアナログな媒体に新たな価値を付加する取り組みを行っています。年賀特設サイト「郵便年賀.jp」や、住所が分からない友人に対してリアルな年賀状を送ることができる、「ウェブポ」や「ネットで年賀状」と連携したサービスなど、Webと融合したサービスを展開。
LINE などのWebサービスと連携し、スマートフォンで簡単にデザインを作成したり、住所が分からない友人・知人宛にも年賀状が送れるサービスなど、年賀はがきというアナログな媒体をデジタルと融合させることで、新たな価値を付加する取り組みを展開しています。
不動産開発事業
不動産開発事業 イメージ
新たな収益事業として、当社が保有する不動産の有効活用に取り組んでいます。2013年3月にグランドオープンした「JPタワー」の商業施設「KITTE」は、開業から2周年を迎え、2015年3月末までの総来館者数が4,600万人超を記録。
また、「JPタワー」以外にも2014年8月には、「札幌三井JPビルディング」「大宮JPビルディング」が竣工し、運用しています。更に2015年11月には「JPタワー名古屋」が竣工しました。このほか、「KITTE博多」(2016年春竣工予定)、「JRJP博多ビル」(2016年春竣工予定)が新築工事中です。
また、住宅事業は、分譲マンション事業を首都圏、関西圏において実施しています。賃貸住宅事業についても、第一弾として、5月に東京都品川区において賃貸マンション(JP noie 旗の台)を竣工させ、運用を開始しているほか、首都圏を中心に事業化に着手しています。
これからも、不動産開発事業を通じて人と人、人とモノ・コト、まちと人をつなぎ、地域・社会の価値向上に貢献できる空間づくりに努めていきます。
国際分野への進出
国際分野への進出 イメージ
国際物流ニーズの増大を踏まえ、2015年5月には豪州物流企業 Toll Holdings Limited を完全子会社化し、成長著しいアジア・太平洋地域での事業拡大に力を入れています。2014年10月には仏ラ・ポストの物流子会社 GeoPost・香港物流企業 Lenton Group との資本・業務提携を行い、国際eコマース向けに高品質な国際宅配便サービスの提供を始めました。また、国際スピード郵便(EMS)による保冷の小口配送サービスである「クールEMS」の取り扱い拡大も開始。2015年4月からは台湾・シンガポール・香港・マレーシア・ベトナムに加え、フランス宛も利用可能になりました。

日本郵政グループ各社について

日本郵政グループ各社についてご紹介します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。
ここでは、三つの採用区分の違いとそれぞれの仕事概要についてご説明し、各職種で活躍している社員を紹介します。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。

採用情報(2018年度)

日本郵政グループ各社の採用情報を掲載しています。