1. TOPページ
  2. 内定者リポート
  3. Vol.1 ユニバーサルサービス提供への使命

Vol.1 ユニバーサルサービス提供への使命

これから私たち内定者が
日本郵政グループを紹介していきます。

皆さん、こんにちは!私たちは日本郵政グループの内定者です。
厳しい就職活動を終え、念願だった日本郵政グループの内定を得ることができ、間もなく始まる社会人生活に向けて充実した毎日を送っているところです。

次は、皆さんの番です。就職活動が本番を迎え、不安や迷いなど、さまざまな思いを抱えているところではないでしょうか。
そこで、これから私たち内定者が皆さんのお役に立てるよう日本郵政グループを紹介していきます。日本郵政グループを知る上で欠かすことができないとても大切な情報を、できるだけわかりやすく、私たちなりにお伝えしたいと思います。
ぜひ目を通して、これからの就職活動にご活用ください。
私たち一同皆さんに直接お会いできる日を楽しみにしています。

この国の一人ひとりをつないでいます。

日本郵政グループと聞いて真っ先に思い浮かべるのは、お近くの郵便局ではないでしょうか。皆さんは、全国に郵便局がいくつあるか、ご存知ですか?その数、なんと約24,000局もあるんです!これらの郵便局は、すべて日本郵便の店舗です。
全国の郵便局では、郵便・貯金・保険といった日本郵政グループ各社の商品・サービスのほか、グループ外他社の商品・サービスも提供。日本郵政グループの窓口としての機能を持つ「郵便局ネットワーク」と、全国に張り巡らせた「郵便・物流ネットワーク」を最大限に活かし、この国の一人ひとりをつないでいます。

実際に一人ひとりをつなぐ架け橋となっているのは、日本郵便で働く約40万人の社員。これだけ社員数が多い会社だからこそ、日本郵便では“人”をとても大切にしています。必要なスキル習得のための研修制度や、社員一人ひとりがいきいきと働くための人材育成制度が充実しており、社員が常に成長しながら働ける環境があります。

日本郵便の歴史はなんと約150年。ずいぶん昔から日本の社会とともに発展を続けてきましたが、2007年に民営化してからは、不動産開発や国際物流などさまざまな新しい事業にもチャレンジしており、知れば知るほど働くフィールドが広い会社なのだと感じています。

お客さまからの信頼を基盤に

皆さんは子供の頃、お年玉を郵便局で貯金したことはありませんか?窓口での笑顔や優しい言葉を今も覚えていらっしゃる方が少なくないことでしょう。

そう、ゆうちょ銀行は全国24,000もの郵便局ネットワークを有する金融機関。つまり私たち生活者にとって非常に身近な金融機関なのです。ゆうちょ銀行には、この郵便局ネットワークのほか、全国233の直営店と約29,000のATMがあり、全国のお客さまからお預けいただいた貯金額は約180兆円と、国内最大規模の金融機関です。また、ゆうちょ銀行には世界有数の機関投資家という側面もあります。運用資産は約208兆円と世界でもトップクラスで、投資先は世界中の国と企業に跨り、世界経済の発展にも寄与しています。

このように金融機関として大変大きな規模を有しているゆうちょ銀行ですが、ここまで成長できたのも、小さい頃の記憶に残るような温かい対応を通じて、お客さまからの信頼を大事にしてきたからこそだと感じています。この実感は、就職活動を通じて、ゆうちょ銀行の社員に会うことで、より確かなものに変わりました。

全国のお客さまに安心をお届けします。

学生の皆さんにとって、生命保険はあまり馴染みがないかもしれません。実は私もそうでした。しかし、社会人として新しいスタートを切る日が近づくにつれ、これからのライフプランを真剣に考えるようになり、生命保険の大切さを認識するとともに、かんぽ生命の特徴や社会的役割の大きさを改めて意識するようになりました。

生命保険は、加入する際に医師による健康状態の診査を必要とすることが一般的ですが、かんぽ生命の場合はこの診査が不要で、職業による加入制限もありません。そして、全国に広がる郵便局ネットワークとかんぽ生命の直営店を通じて全国津々浦々のお客さまに安心をお届けしていることから、かんぽ生命はとても公共性の高い事業を営み、その社会的役割は大きいと思います。2017年度末時点で保有契約3,040万件を誇り、保険金等のお支払金額は年間約6兆8,900億円にのぼり、総資産約77兆円という数字は、全国のお客さまのかんぽ生命に対する信頼の証であると思います。私もこの会社の社員として少子高齢化などの社会の変化に柔軟に対応する保険商品の開発などに従事し、かんぽ生命の経営理念であるいつでもそばにいる、どこにいても支える、すべての人生を守り続ける会社づくりに貢献したいと考えています。

日本郵政グループ各社の事業概要

日本郵政グループ各社についてご紹介します。

日本郵政グループ各社の職種

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。
総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。
ここでは、三つの採用区分の違いとそれぞれの仕事概要についてご説明します。

社員紹介

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。
ここでは各職種で活躍している社員をご紹介します。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。