1. TOPページ
  2. 内定者リポート
  3. Vol.2 キーワードで知る日本郵政

Vol.2 キーワードで知る日本郵政

KEY WORD

トータル生活サポート企業

日本郵便株式会社

浮田 苑香さん

仕事への使命感と誇り

日本郵便のビジョンとして耳にしたのが「トータル生活サポート企業」という言葉であり、強く惹かれるものがありました。日本各地の皆さまと長年積み上げてきた信頼関係があるからこそ、今ある事業に留まらず、トータルで人々の生活を支えたいという考え方に感銘を受けました。また先輩社員からいただいた言葉も強く印象に残るものでした。「民間企業ではあるが、日本郵便にしかできないことがある。それは日本全体に影響を与えている仕事だ」という言葉です。そこにあるのは、仕事への使命感と誇りだと思います。私もそうありたいと思い、強い憧れを抱きました。人々の生活を支えているという強い責任感を持って働いている社員の中で一緒に働きたい、そこに確かなやりがいがある。そう思ったことが入社の決め手になりました。

ページの上部へ

KEY WORD

ゆうちょ=家族のような
存在になりたい

株式会社ゆうちょ銀行

大野 文香さん

感謝と信頼の大切さ

「ゆうちょ=家族のような存在になりたい」は、会社説明会でうかがった言葉です。そこには、お客さま一人ひとりにとって身近な存在になることを目指しているという意味が込められています。その実現のためには信頼こそが重要であるという説明に、とても感動しました。個別相談会では、女性社員の方から「感謝」について話を伺いました。直営店での業務時はお客さまから感謝され、本社での業務時は、本社社員の方に感謝される。同時に、自分たちも相手に感謝の気持ちを忘れてはいけない。どの仕事に就いても、深い人間関係を構築できる仕事・環境であることに魅力を感じました。私も感謝を忘れずに業務に邁進することで、多くの人と信頼関係を築き、ゆうちょ銀行が、お客さまにとって最も身近な存在になることに寄与していきたいと思っています。

ページの上部へ

KEY WORD

自分の人生だから

株式会社かんぽ生命保険

藤森 光輝さん

言葉に感じた温かさ

ある企業の面接者から「君には迷いが見える。迷いがあるようでは、この企業ではやっていけない」という言葉を投げかけられました。その言葉で強い不安に苛まれひどく悩んでいたとき、かんぽ生命の採用担当者の方に出会い、思い切って相談したところ、「自分の人生だから、自分自身で後悔のないように納得する決め方をすればいい」という言葉をいただきました。身に染みるような温かさを感じ、それが入社の決め手になりました。また、かんぽ生命は少ない社員で業界トップクラスの数を誇るお客さまを支えていくという点から、社員一人ひとりの責任、関係者への影響力が相対的に大きいというお話を伺いました。大きなやりがいを感じられるフィールドだと思ったことも入社を決めた理由の一つです。

ページの上部へ

KEY WORD

努力を重ねることが
成長や信頼につながる

日本郵便株式会社

相馬 凌さん

人を想い行動する

面接官の方に質問させていただいたときに、面接官の方からいただいた言葉が強く印象に残っています。一つは「何度も努力を重ねることが成長や信頼につながる」、もう一つが「人を想い行動することが大切」の二点です。面接官の方は入社当時、ミスをしてお客さまからご指摘を受けていたが、あきらめず何度も努力し改善していった結果、感謝の言葉をいただけるほど成長できたとおっしゃっていました。それは人を想い努力し続けたことが、結果として信頼につながったのだと思います。また面接を通じた言葉の端々に、お客さまはもちろんのこと、社員の方々も愛している企業なのだと感じることができました。私もその中で、人を想い、努力を重ねることをいとわずに、誠心誠意頑張っていきたいと思っています。

ページの上部へ

KEY WORD

多くの人々の生活に
寄り添う

株式会社ゆうちょ銀行

鈴木 順平さん

信頼こそがかけがえのない価値

「多くの人々の生活に寄り添う」、そして「最も身近で信頼される銀行」という言葉は、いずれも採用ホームページで知った言葉です。信頼されることは、私にとって最も高い価値の一つであり、社員の方のお話からも、仕事において、お客さまから信頼されることの喜びを感じました。信頼されるためには人々の生活に寄り添うことが必要だと思います。その実践によって、「最も身近で信頼される銀行」へ進化できる。面接やセミナーなど様々な場面でそのことを実感しました。また、ゆうちょ銀行の預金残高は180兆円近くに上ります。この膨大な数字はお客さまからの信頼の証だと思います。その信頼に応え、より一層の信頼を得るために、誠実に真摯にお客さまに向き合っていきたいと考えています。

ページの上部へ

KEY WORD

長く働き続けられる

株式会社かんぽ生命保険

石橋 美裕さん

働く環境、思いやりのある社員

セミナーで社員の方とお話しした際、長く働き続けることを重視している旨を伝えました。そのときの社員の方の言葉が「周りのママ友には仕事を辞めてしまった人が多いけれど、かんぽ生命は周囲の人が社員の事情を本当に理解してくれる。働くママを支援する制度、福利厚生が整備されているから、出産、育児等のライフイベントがあっても、長く働き続けることができる」というものでした。私は、この環境の良さに強く惹かれました。また、セミナーに参加した際に社員の方が親身に接してくださり、明るく気さくな方が多い印象を受け、思いやりのある素敵な社員が集まっている会社と感じました。このような環境であれば長く働き続けることができると思ったことが入社を決めた理由の一つです。

ページの上部へ

日本郵政グループ各社の事業概要

日本郵政グループ各社についてご紹介します。

日本郵政グループ各社の職種

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。
総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。
ここでは、三つの採用区分の違いとそれぞれの仕事概要についてご説明します。

社員紹介

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。
ここでは各職種で活躍している社員をご紹介します。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。