1. TOPページ
  2. 内定者リポート
  3. Vol.4 ワーク・ライフ・バランス / 教育研修制度

Vol.4 ワーク・ライフ・バランス / 教育研修制度

それぞれの働き方、成長を大切にします。~ワーク・ライフ・バランス、教育研修制度について~

自分らしく、大きく伸びていける環境があります。

これから数十年続く社会人としての人生。自分らしさを大切にしたいと思います。だから気にしたいのは、その企業でどんな働き方ができるかという点。日本郵政グループには、総合職、地域基幹職、エリア基幹職、業務職・営業職、一般職と、多様な職種があります。自分の職業観やライフスタイルに応じて様々な働き方が選択できるのはとても魅力的なことだと思います。
(かんぽ生命 / 坂本 茉由さん)
仕事をしていく上で最も大切な資質の一つは、向上心だと思います。会社選びには、その向上心を刺激し、成長に結びつけてくれる環境も重視すべきでしょう。その点、日本郵政グループには、一人ひとりの個性を大切にしながら成長を後押ししてくれる制度と社風があります。集合研修や通信教育制度など、フォローの体制も多彩です。
(ゆうちょ銀行 / 山田 朋宏さん)
日本郵政グループの手がける事業は多岐にわたり、挑戦できるフィールドがたくさんあります。また、日本郵政グループ内での人材交流を経験できることもありますので、いろいろな経験を積むことができるのは大変魅力的ですね。
(日本郵便 / 金原 庸展さん)

ワーク・ライフ・バランスへの配慮が嬉しい。

充実した働き方とゆとりを持った生活を両立させること、いわゆるワーク・ライフ・バランスは大切なテーマです。 定年まで働きたいと考えている私にとっても、企業選びの大きなポイントでした。特に、子どもが3歳まで育児休業が取得できること、9歳までは育児部分休業が取得できることなどは、法律で定められたものよりはるかに充実。さらには配偶者の出産休暇(2日)、ベビーシッターや保育施設の割引チケット等の育児助成など、本当に手厚いサポートが受けられます。
(かんぽ生命 / 坂本 茉由さん)
日本郵政グループは、子育て支援にも積極的に取り組み、男性のみならず、結婚・出産しても育児と仕事を両立させ、キャリアアップを続けたいと考えている女性にも、とても頼もしい環境です。そのほか、週に2回のリフレッシュデー(定時退社日)があることや、休暇も計画的に取得しやすいなど、ゆとりを持って働くための制度も整っています。
(ゆうちょ銀行 / 山田 朋宏さん)
日本郵政グループ各社は、すべての社員が活躍できる職場づくりに会社を挙げて取り組んでいます。たとえば、出産・育児により休業した女性社員が職場に復帰しやすい環境をつくるため、産前休暇前または育児休業に入る前から、面談や業務情報の提供等をするといった、「職場復帰プログラム」を整備。また、意欲と能力のある社員が働きやすい職場環境の構築やワーク・ライフ・バランスの実現のため、新しい時代の上司を育てる取組を進めています。こうした取組により、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようになっています。
(日本郵便 / 金原 庸展さん)

充実した教育制度。学びの姿勢を支えてくれます。

私が日本郵政グループを志望した決め手の一つは、キャリアアップを後押ししてくれる教育制度でした。入社時の研修に始まり、経験やキャリアに応じて実施する各種研修や自己啓発支援など、キャリアアップのための多様な制度が用意されています。かんぽ生命にも、役職に応じた研修があるだけでなく、資格取得を奨励する制度や自分の業務以外の仕事を体験する研修や海外研修など、積極的にチャレンジできる制度が充実しています。また、新入社員に対しては、先輩社員に相談したり、業務をサポートしてくれるチューター制度がありますので、私も安心していろいろなことに挑戦していき、どんどんキャリアアップしていきたいです。
(かんぽ生命/ 坂本 茉由さん)
本当の成長とは、受け身の姿勢では得られません。自ら課題を発見し、主体的に学ぼうとする姿勢が不可欠だと思います。その点で大切にしたいのが、自己啓発です。日本郵政グループは充実した育成制度を整えており、ゆうちょ銀行では各種研修や新入社員をフォローするメンター制度のほか、無料で受講できるeラーニング講座など意欲溢れる社員の期待に応え、長期的に競争力ある人材を育成する環境を整備しています。私も入社したら、知識を身につけるため、自宅のパソコンで受講できる「eラーニング講座」を有効に活用したいと思います。
(ゆうちょ銀行/ 山田 朋宏さん)
就職活動中は、内定をもらうことがゴールのように感じますが、実際は、入社してからがスタートです。日本郵政グループでは、社員の成長をサポートするための育成体系が充実しており、入社後、安心して働くことができます。日本郵便にも、新入社員研修や新入社員をフォローするメンター制度など、役職に応じた研修があるだけでなく、資格取得や自己啓発を奨励する制度のほか、他企業との交流研修などもあり、スキルを身につけ、向上させるための制度が用意されています。自分の理想像に近づくため、私も積極的に活用してキャリアアップを図っていきたいです。
(日本郵便/ 金原 庸展さん)

日本郵政グループを知る

これまでに培ったお客さまとのつながりを大切にしながら、お客さまの人生のあらゆるステージでお役に立てる企業グループを目指します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職、エリア基幹職、業務職・営業職」、および「一般職」の三つの採用区分があります。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。