1. TOPページ
  2. 2016インターンシップレポート

2016インターンシップレポート

日本郵政グループ合同で初のインターンシップを開催!

2015年2月上旬から中旬にかけて、東京・大阪でそれぞれ5日間、日本郵政グループ各社合同で総合職向けのインターンシップを開催しました。東京約90名、大阪約30名の学生の皆さんが参加され、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命の業務を体験していただきました。また、5日間を通しての日本郵政グループの今後の進むべき方向性についても議論し、緊張感と充実感いっぱいの5日間でした。

インターンシップで学んで欲しかったこと

日本郵政グループはグループ一体となって、地域に密着し、お客さまにユニバーサルサービスを提供しています。その一方で、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命はそれぞれ各業界トップクラスの規模を有しており、ダイナミックに事業を展開しています。各社の事業を知ってもらい、各社とグループとしての役割を知り、日本郵政グループの今後の進むべき方向性を考えながら、仕事をすることの大変さとやりがいを学んでほしいという思いを5日間のプログラムに込めました。

参加された学生の思い

事前課題から始まり、実施中も難しい課題を課していましたが、常に前向きに取り組んでくれました。こちらから与えるだけではなく、参加された学生の皆さんが自主的に動く様子や白熱した議論などを見ていると、参加された皆さんの少しでも多くのものを学び取ろうとする思いがヒシヒシと伝わってきました。

日本郵政グループの思い

全国に約24,000の郵便局ネットワークを有し、郵便・貯金・保険のユニバーサルサービスを提供する日本郵政グループは誰もが知っている存在です。ただ、まだまだ知られていないグループ各社のことを少しでも多く知っていただくために、インターンシップを実施しました。我々も学生の皆さんから多くのことを学ぶことができ、そんな機会を作れたこと、多くの学生の皆さんと出会えたことを感謝しています。

SCHEDULE インターンシップを振り返る

day1日本郵政グループの役割を知ろう!

まずは、日本郵政グループのことを知ってもらうためにグループ及び各社の概要を紹介しました。その後はさっそく事前課題「日本郵政グループの強み・弱み、今後の目指すべき方向性」について、グループで議論、全体発表と全体での質疑を行いました。ここで早くも議論が白熱。初日から学生の皆さんの積極的な姿勢が目立ちました。そして5日間を通しての大きな課題を課し、インターンシップが本格的にスタート。

day2日本郵便の事業を体験!

午前中は郵便局を訪問して、窓口から普段見ることができない郵便局の内部までを紹介。郵便局で働く社員の説明に興味津々な態度で聞く学生の皆さん。現場を知ることで日本郵便の仕事のイメージが膨らんだことでしょう。
午後は、グループに分かれて「物流サービスの大口利用営業戦略」、「新駅に隣接する郵便局の営業戦略」を若手社員とともに考えていただきました。

day3ゆうちょ銀行の事業を体験!

午前中はゆうちょ銀行の基礎知識を習得。営業部門の社員からゆうちょ銀行ならではの業務、他行との違いなどを聞き、積極的な質問も多数。今まで知らなかったゆうちょ銀行を知ることができたと思います。午後は、ポートフォリオ構築、マーケット環境予測を通じて、資金運用業務を体験していただきました。こういった経験のない学生の皆さんにとっては非常に刺激的な1日だったことでしょう。

day4かんぽ生命の事業を体験!

午前中は、生命保険の基礎知識、そしてかんぽ生命の基礎知識を学んでいただきました。これを踏まえて、午後は生命保険の新しいスタイルを企画。保険金という金銭の保障ではない、お客さまの安心につながる新たな切り口の保障を考えていただきました。学生にとって生命保険はまだまだ馴染みのないもの。この1日で生命保険に関する知識が少なからず身についたことと思います。

day5まとめ

いよいよ最終日。インターンシップのまとめ。少ない時間の中で5日間のまとめを行い、発表の準備。全体での発表、質疑応答では学生の皆さんの知識とインターンシップで学んだことを最大限に活用して、熱い議論が起こりました。充実した5日間をおくり、日本郵政グループ、そしてグループ各社、更には様々な業界のことを学んでいただけたかと思います。

※東京のDay2~4はクラス別実施のため、クラスによって順序が異なります。

VOICE インターンシップ参加者の声をお届け!

  • 業界が異なる郵政グループ各社の事業内容を
    5日間で知ることができてたいへん勉強になりました!
  • グループ各社の社員さんと触れ合うことで
    郵政グループの雰囲気を感じることができました!
  • 毎日与えられる課題を取り組む中で
    自分以外の人の考え方を吸収することができました!
  • 限られた時間の中で、最大限の成果を出すことの
    難しさを痛感しました!

日本郵政グループを知る

これまでに培ったお客さまとのつながりを大切にしながら、お客さまの人生のあらゆるステージでお役に立てる企業グループを目指します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職、エリア基幹職、業務職・営業職」、および「一般職」の三つの採用区分があります。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。