1. TOPページ
  2. 採用担当者座談会

採用担当者座談会

採用担当者が語るそれぞれの「志」は?

皆さんが気になる日本郵政グループの現在や採用活動を通じて感じていることなどを3名が熱く語り合いました。

新しいビジネス、新しいサービスを共につくっていく仲間に向けた私たちの熱いメッセージをお伝えします。

人事部 人材研修育成室

生田 遼資

Ryousuke Ikuta

メッセージ

Theme 2  どんな思いを持って採用の仕事をしていますか?

自分たちの就職活動を思い出しながら–

井田
採用の仕事について考えていることを話しましょうか。単刀直入にお聞きしますが、採用の仕事は楽しいですか? 私はお二人よりも社会人経験が短く、偉そうなことは言えないですが。
生田
説明会などで、自分が学生だった頃に感じた日本郵政グループのイメージや、就職活動での経験などをお話しすると、学生に近い立場からの話に共感してくれる人はいて、あとで内定者に「あのときの話、印象に残っています」という感想をもらえたりするとうれしいですよね。
根本
とても楽しいですし、やりがいもあります。お会いした学生さんに「私はこう思っています! 御社の考えをお聞きしたいです!」など、前向きで熱意あふれる質問をされると、気持ちが奮い立ち、さらに頑張ろうという気持ちになれます。

本音で接する、壁を感じさせない採用担当者に

井田
自分の就職活動の経験からでもありますが、社会で活躍している人の話は迫力がありますし、勉強になりますよね。学生さんにとって「社員と会って話す」ことの意味は大きいと思います。それでその会社に興味を持つってことは、かなりありましたよね。
根本
私自身も、社員の方と会い、話をしたことで志望度が上がりました。面接もそうですし、セミナーでお会いした若手の先輩社員の明るくはつらつとした姿、また、優しく温かい印象が記憶に残っていますね。生命保険業は「人を支える」事業ですので、先輩社員の姿を通して、そのあるべき姿を感じました。
生田
私も学生の頃説明会でお会いした3年目、4年目の社員の方の熱い思いを聞いて感激したのを覚えています。
とはいえ、世代的にもっと上の方々はもう少しクールで堅いのかなと思っていたところもあったのですが、面接で話してみるとすごく楽しくて。今もそうですが、日本郵便の面接は、選考ではありますが、会話重視で、自分の思いをじっくりと聞いてくれたんですよね。
すごくリラックスして話せたという記憶があります。
根本
そういうカルチャーは引き継ぎたいですよね。説明会などでは、壁をつくらないようにすることを心がけています。学生さんは私たちの会社に興味を持って来てくれています。その分、聞かれたことには全力で、誠実に答える姿勢をお見せすることが、さらに興味を持ってもらえるきっかけになると思っています。
井田
私もそうですね。誠実に答える姿勢は信頼関係を生み出します。その上で、学生さんの視野が広がるアドバイスをするようにしています。
生田
学生さんもいろいろな会社を回られていて、いろいろな採用担当者に会い、その人柄に惹かれるということもあると思いますので、明るさも忘れずに、かつ、常に緊張感を持って接するように心がけています。

日本郵政グループを知る

これまでに培ったお客さまとのつながりを大切にしながら、お客さまの人生のあらゆるステージでお役に立てる企業グループを目指します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職、エリア基幹職、業務職・営業職」、および「一般職」の三つの採用区分があります。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。