1. TOPページ
  2. 採用担当者座談会

採用担当者座談会

採用担当者が語るそれぞれの「志」は?

皆さんが気になる日本郵政グループの現在や採用活動を通じて感じていることなどを3名が熱く語り合いました。

新しいビジネス、新しいサービスを共につくっていく仲間に向けた私たちの熱いメッセージをお伝えします。

人事部 人材研修育成室

阿部 央久

Teruhisa Abe

メッセージ

Theme 2

どのような思いを持って、
採用の仕事をしているか

採用担当者としてのこだわり
多面的な情報を伝えるために

片桐
採用活動で意識していることはありますか?
阿部
今年度は、学内説明会の参加や自社イベントの開催をできるだけ早い日程にしました。学生の皆さんと社員の接点を早期に設け、当社で働くイメージをより鮮明に抱いていただきたいと考えたからです。また、どのイベントにおいても、初めに「アイスブレイク」を行い、学生の皆さんの緊張をほぐすよう意識しています。せっかくご参加いただいているので、リラックスして楽しんでいただきたいと考えております。
湯川
なるほど。「アイスブレイク」ではどんな話をしているんですか?
阿部
最近では、大手町の本社の話をよくします。2018年に移転したばかりなので建物自体とても綺麗で、最新の設備が整っているため、非常に働きやすくなりました。
片桐
かんぽ生命では、より多くの学生に生命保険の魅力を知ってもらいたいという想いから、1dayインターンシップの開催数を増やしました。1dayインターンシップでは、生命保険の魅力を丁寧にお伝えすることができますし、業務の体験などさまざまなコンテンツを実施しているので、学生の皆さんの生命保険に対する理解がより深まるイベントになっています。自身の就職活動を振り返ると、関心があるのに会社説明会に参加しないことはもったいなかったと思っています。ですので、現在就職活動中の皆さんには説明会に足を気軽に運んでもらい、多くのことを知ってほしいですね。
阿部
就職活動ほど、多くの企業と関わることができる機会はなかなかないですからね。説明会などで注意していることはありますか?
片桐
私が心がけていることは「かみ砕いて、わかりやすく説明する」ことです。社員なら容易に理解できる内容でも、学生の皆さんにはそうではないことが多々あります。学生の皆さんの目線に立ち、興味を寄せてくれている部分を中心に手厚く説明したいと思っています。やはり、事業の根幹、会社としての想いや強み、将来展望、社内の雰囲気などを重点的に伝えていきたいですね。
湯川
私は就職活動中に出会った社会人の方のお話を聞き、自分の幅が広がったと感じるので、自分自身もできるだけ学生の皆さんの視野が広がるような話をすることを心がけています。また、学生の皆さんから質問を受ける際は、その意図を踏まえ、学生の皆さんからは質問しにくいところの回答も含めて伝えるようにしています。学生の皆さんと接する社員にも、良い面だけでなく、まだまだな面があると感じているならば、それも伝えてもらうようにしています。また、仕事とプライベートを両立できる環境があることは伝えたいと思っているので「昨年は海外旅行に3度行きました!」等、実体験を積極的に伝えるよう心がけています。
阿部
課題を直視する姿勢や、それを変えていこうとしている姿勢を知ってもらうことも大事ですよね。多面的な情報を得て、その上で会社を好きになってもらえたら嬉しいです。
湯川
はい。日本郵政グループには変わっていくことができる風土があると思います。「まさに変革のときである今、一緒に会社を創っていく志高い方とお仕事をしたい」という想いも同時に伝えています。

「トータル生活サポート企業グループ」
という社会的使命

阿部
日本郵政グループは、郵便局を基盤とした「トータル生活サポート企業グループ」を目指すという社会的使命がありますよね。日本郵便としては、「トータル生活サポート企業」を目指すうえで、「郵便」、「貯金」、「保険」の既存のサービス提供以外にも、新たな事業に力を入れています。最近はそうした「不動産事業」、「国際物流事業」、「みまもりサービス」等の新規事業に対して、関心を持っていただけることが増えており、大変ありがたいです。ただ、そうした基盤の3事業があるからこそ、新たなビジネスに挑戦できているということは、これからも丁寧に伝えていきたいです。
片桐
3社が郵便局というチャネルと密接に連携して、新たな可能性を切り拓いていくということはグループの大命題ですね。かんぽ生命には「より多くの人を支えたい」という想いを持って選考に臨んでくれる学生が多いので、当グループの社会的使命が学生に浸透していると感じています。
湯川
この社会的使命は同業他社にはない特性なので、しっかりと伝え、知っていただかなければいけませんよね。当行は銀行として志望する学生の方が多いので、まだそれほど浸透しているとは言えないと思います。しかし、この使命を果たすための具体的な今後の展開や、ビジネス領域の広がりについて説明すると学生の皆さんの反応が非常に良いので、もっと伝えていきたいです。

日本郵政グループ各社の事業概要

日本郵政グループ各社についてご紹介します。

日本郵政グループ各社の職種

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。
総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。
ここでは、三つの採用区分の違いとそれぞれの仕事概要についてご説明します。

社員紹介

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。
ここでは各職種で活躍している社員をご紹介します。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。