1. TOPページ
  2. 採用担当者座談会

採用担当者座談会

採用担当者が語るそれぞれの「志」は?

皆さんが気になる日本郵政グループの現在や採用活動を通じて感じていることなどを3名が熱く語り合いました。

新しいビジネス、新しいサービスを共につくっていく仲間に向けた私たちの熱いメッセージをお伝えします。

人事部 人材研修育成室

阿部 央久

Abe Teruhisa

メッセージ

Theme 3

学生の皆さんにメッセージ

ハングリーに、現状を改善していこうとする人が活躍できる場

藤原
グループ全体として言えることですが、グループ3社の規模の大きさや安定経営は、学生の皆さんにアピールできる魅力ですよね。でもそれは、全国の社員が一つひとつの仕事を、地道にやり遂げることによって実現しているということを伝えていきたいです。
阿部
そうですね。安定した経営基盤の裏側には、たくさんの社員の努力があるということですよね。何となく仕事をしているだけでは、この大きなグループを維持、発展させていくことは不可能です。社員一人ひとりが当事者意識を持って主体的に動いた積み重ねが、会社を根底から支えているということですね。
野原
グループが更に発展していくためには、現状に満足することなく改善していこうという意識が必要不可欠で、その改善のために仕事にハングリーに取り組んでいる社員が多いことは知っておいてほしいですよね。会社もそれに応えていて、そういう社員を若いうちから大規模なプロジェクトに参画させています。

働くって面白いんだ。――それに気付ければ就職活動は楽しくなる

藤原
就職活動では、多くの社会人に出会って、理想の社会人像をつくれるといいですよね。ちなみに、私の理想の社会人像は、「難しい仕事への挑戦を通じて自己成長を続けることができ、かつプライベートも積極的に楽しんでいる人」でした。就職活動を始めたばかりの頃は、正直「働くのは苦痛でしかないのでは?」と思っていたのですが、企業のセミナーに参加していくと、想像以上に楽しみながら仕事をしている方が多いことに気付けたのです。人生は、仕事もプライベートも充実しているほうが、輝くのかもしれないと感じたことは大きな収穫でした。
阿部
社会人として働く面白さに気付くことができると、就職活動も一気に楽しいものになりますよね。自分が社会人として働くイメージは想像しづらいと思うので、学生の皆さんには、まずは身近な存在であるご両親や大学の先輩たちの話を聞いてみていただきたいです。普段はなかなか聞くことができない、思いがけない面白い話を聞くことができるかもしれません。
野原
社会には、学生生活だけでは知りえないたくさんの会社や仕事があふれているということを知っていただきたいですね。就職活動を通じてたくさんの人に会ってさまざまな情報を得ていくと、憧れていた仕事以外にも「魅力的だ」「やり甲斐がある」と思える仕事に出会える可能性が高くなります。
藤原
そうですね。「知らない」と「興味がない」は違いますよね。知っているものだけを選択肢にすると、本当に自分が興味を持っているもの、自分にマッチしているものと出会えないこともありえます。知らない分野に自分が本当に求めていた仕事がある場合もあると思います。
阿部
とにかく“バッターボックス”に立って試行錯誤することが大事ですよね。“バッターボックス”の外から見ていたときは打てそうだと思った球が、全く打てなかったり、自分では思ってもみなかった得意なコースがあったり、その逆があったり。就職活動は、自分がどういう人間かを再認識する良い機会だと思いますので、いろいろな人に会って、たくさんの情報を集めてみることをおすすめします。その中で本当に自分がやってみたい仕事を見つけることができるはずです。
藤原
そうですね。就職活動で人は大きく変わるし、成長もできます。それは採用活動をしていて強く思います。私たちも、多くの魅力的な学生の皆さんに日本郵政グループを選んでいただけるように頑張りましょう。
野原阿部
はい。頑張りましょう!

日本郵政グループ各社について

日本郵政グループ各社についてご紹介します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。
ここでは、三つの採用区分の違いとそれぞれの仕事概要についてご説明し、各職種で活躍している社員を紹介します。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。