1. TOPページ
  2. 採用担当者座談会
  3. 株式会社ゆうちょ銀行 採用担当からのメッセージ 人事部 人材開発室 井田 奈津子

採用担当者座談会

影響力のある仕事を早い段階で経験し
自らを伸ばせる場

人事部 人材開発室

井田 奈津子Natsuko Ida

妥協のない就職活動で見えてきたゆうちょ銀行への思い

私は、「人の生活を支える」ことができ、かつ、自己の成長とともに影響の範囲が広がる仕事がしたいという思いで、業界を特に絞ることなく就職活動を行っていました。多くの企業からの説明を聞くうちに、はっきりと目に見える商品はないものの、私たちの日々の生活に欠かせない銀行業界へと志望は傾いていきました。就職活動の後半には、影響力に重点を置くのならば「本社業務に携わる機会に恵まれる企業」を選びたいという新たな視点が生まれました。そして、入社後に店舗勤務で経験を積み、その後本社において企画・立案・調査・分析業務などを担うゆうちょ銀行の総合職への志望が強くなりました。また、ゆうちょ銀行が、親しみやすさの中で、創造的な視点で新しいことに積極的にチャレンジしていく社風を有していたことも大きな決め手となりました。

担当の半分が若手社員ということも珍しくない

元国営ということもあり、堅い公務員的なイメージを持つ方も多いと思いますが、若手社員に仕事を任せてもらえる社風があります。影響力の大きい仕事を早い段階で経験し、その中で自身を成長させることができるのがゆうちょ銀行です。本邦最大級の機関投資家であることを支える市場部門、177.8兆円もの貯金残高を維持するために働きかける営業部門、経営企画部、広報部、人事部等のコーポレートスタッフ部門等、活躍できるフィールドは非常に多岐にわたり、部署によっては、担当の半分が若手社員ということも珍しくはありません。採用担当者としてそんなゆうちょ銀行の魅力を最大限に伝え、一人でも多くの方に「ゆうちょ銀行に入社したい」と思ってもらえるよう頑張っていきます。

人事部 人材研修育成室

生田 遼資

Ryousuke Ikuta

メッセージ

日本郵政グループを知る

これまでに培ったお客さまとのつながりを大切にしながら、お客さまの人生のあらゆるステージでお役に立てる企業グループを目指します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職、エリア基幹職、業務職・営業職」、および「一般職」の三つの採用区分があります。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。