1. TOPページ
  2. 採用担当者座談会
  3. 日本郵便株式会社 採用担当からのメッセージ 人事部 人材研修育成室 阿部 央久

採用担当者座談会

多岐にわたる事業、
幅広い業務の中にある魅力
知ってもらうために
力を尽くす

人事部 人材研修育成室

阿部 央久Abe Teruhisa

社員の温かさとチャレンジングな姿勢、
郵便局という“チャネル”の影響力に惹かれた

就職活動を始めたばかりの頃は、漠然と金融業界や商社などを考えていたのですが、実際に日本郵便で働く先輩から話を聞く機会があり、多岐にわたる事業内容に惹かれ、日本郵便に興味を持つようになりました。その後説明会に行き、社員の人柄が温かく、かつチャレンジングな姿勢がある会社であると知ってから、志望意志が固まりました。当時は民営化してまだ5年しか経っておらず、お堅いイメージを持っていたので、その良いギャップが印象に残っています。また、私は「影響力の大きな仕事をしたい」という思いを軸にして就職活動をしていました。日本郵便は、日本郵政グループの窓口としての役割を果たす郵便局の管理・運営を行っていますが、この郵便局という“チャネル”を通じて、全国のお客さまに直接働きかけることができる、影響力の大きさにも魅力を感じ応募しました。

限られた時間と情報の中で、
的確な判断ができるように

私はもともと人前で何かを話すことが苦手でした。採用担当は人前で説明する機会が多くあり、初めのうちは苦労していたのですが、日常的に人前で話すことが多くなると、苦手意識を持つことはなくなりました。仕事を通じて自分の成長を実感し、大きなやりがいを感じています。
業務が幅広い採用担当になり意識していることは、スピード感です。じっくり時間をかけて多くの情報を集めれば、良い決断ができるのは当たり前。限られた時間と情報の中で考え、スピード感を持って行動するスタイルを目指しています。簡単なことではありませんが、試行錯誤を重ねているところです。

多岐にわたる事業ごとの魅力を、
幅広く発信していきたい

日本郵便では、学内説明会への参加や自社独自のセミナーの開催を、できるだけ早くすることにしました。社員との交流イベントも例年より多く開催して学生の皆さんと社員の接点を増やし、当社で働くイメージをより鮮明に抱いていただきたいと考えるからです。
日本郵便が手がける事業は多岐にわたり、どれもが規模が大きくダイナミックです。それゆえに、事業ごとの魅力を詳細に伝えることに苦労していますが、できる限り幅広く情報を発信し、日本郵便に興味を持っていただけるよう努めています。

担当者座談会 INDEX

日本郵政グループ各社について

日本郵政グループ各社についてご紹介します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。
ここでは、三つの採用区分の違いとそれぞれの仕事概要についてご説明し、各職種で活躍している社員を紹介します。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。