一般職の仕事

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。
総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。
一般職はお客さまに最も近いフロントラインに立ってサービスを提供していくことが主な仕事です。郵便局やサービスセンターにおける業務もあれば、お客さまのもとへお伺いしてサービスを提供する業務もあります。

日本郵便株式会社

一般職 窓口コース

郵便局の窓口で、商品・サービスの提供やお客さまのニーズに合わせたご提案などの営業活動を行うことが主な仕事です。
窓口での営業活動を通じて、お客さまに信頼と安心をお届けする仕事です。
地域基幹職と異なり、役職への登用はありませんが、転居を伴う転勤はないため、より地域に根づいてお客さまや地域に貢献することができます。

一般職 郵便コース

お客さまからお預かりした郵便物を住所ごとに仕分け・お届けする「郵便業務」、切手や年賀はがきなどの郵便商品の購入をお勧めする「営業活動」が主な仕事です。
地域基幹職と異なり、役職への登用はありませんが、転居を伴う転勤はないため、より地域に根づいてお客さまや地域に貢献することができます。

※役職への登用はなく、転居を伴う転勤もありません。

株式会社かんぽ生命保険

一般職

サービスセンターにおいて、お申込みいただいた保険契約に関する事務、お客さまからご請求のあった保険金の支払いに関する事務、お客さまや郵便局からの照会への対応、その他一般事務などを行います。
また、本社の各部署において、一般事務を行います。

※役職への登用はなく、転居を伴う転勤もありません。

社員紹介

地域基幹職・エリア基幹職、
一般職

日本郵政グループ各社について

日本郵政グループ各社についてご紹介します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。
ここでは、三つの採用区分の違いとそれぞれの仕事概要についてご説明し、各職種で活躍している社員を紹介します。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。

採用情報(2018年度)

日本郵政グループ各社の採用情報を掲載しています。