社員紹介 総合職

新契約部 2010年入社

中島 あかねAkane Nakajima

人を知る

学生時代~入社まで

学生時代はバレーボール部に所属しました。怪我でプレーができなくなり、部を辞めようかと悩みましたが、マネージャーとして選手をサポートする道を選びました。その経験から、プレーヤーのときとは異なる観点でチームメイトの状況を把握し、チームのために自分が何をできるかを考えながら動くことの大切さを学びました。
アルバイトでは、スポーツジムで幅広い年齢の方と接してきました。中には苦手と感じる方もいらっしゃいましたが、向き合い続けることで自分の苦手意識もなくなり、また相手の方からも信頼してもらえるようになりました。その経験、喜びは私にとって大きな財産となっています。

プライベート

日本郵政グループのバレーボール部に所属しており、年に1回開催されるグループ内の全国大会での優勝を目標に、休日は練習に汗を流しています。仕事はデスクワークが中心でなかなか体を動かす機会がないので、週末に体を動かしてリフレッシュしています。
その他、友人や同期と飲みに行ったり、まとめて休みがとれるときは旅行に行ったりとオフの時間を楽しんでいます。

誰からも喜ばれる全国規模の新プロジェクトを手がけたい

全国規模の、お客さまはもちろん社員にも喜んでもらえるような新しいプロジェクトを企画立案から手がけることが、私の将来の目標です。そのためにも日ごろから人脈を大切にし、情報収集を行うように心がけています。お客さまと直接かかわることがない分、フロントラインの社員から聞く何気ない情報の中からもルールの改善に役立つヒントがないかどうか考えると同時に、本社内の同期や先輩から幅広く情報収集を行うことにより、真の改善点や問題の真因を見極められるよう意識しています。
日本全国にある拠点のほか、郵便局ネットワークを生かしたスケールの大きさ、築き上げてきたお客さまからの信頼はかんぽ生命の魅力だと思います。そのため、新しい企画をするときはそうした全国のネットワークや、場合によっては社会全体に影響を与えることになります。このため、より多くのお客さまから信頼を得るためには、変えてはいけないものを守りつつ、新しいことに取り組んでいく必要があります。
ルールを改善したり、システム改正を行うに当たり、時には大きな問題に直面することもあります。私は、そんなときに悩みながらも問題と向き合い、「よりベストな答えを出そう!」と前向きに取り組める人が素敵だなと思います。仕事に前向きで向上心のある方と一緒に、この会社をさらに良く変えていけるようがんばっていきたいと思っています。

仕事を知る

生命保険契約の引き受けに関する諸業務

新契約部は、生命保険契約の引き受けに関するさまざまな業務を行っています。例えばお客さまからの生命保険契約の申し込みに対する当社の承諾基準の策定。これは、①お客さまの健康状態等からの判断②お客さまお一人あたりの保険金額からの判断③モラルリスク等の道徳的な観点からの判断に関するルールを定めるものです。また、当社の保険商品を全国の郵便局で取り扱う上でのルールも定めています。これはお客さまや対応を行う社員がスムーズに仕事ができるよう、平易かつ正確なものにする必要があります。加えて適切に運用されているかをチェックし、継続的に見直しを行うなど、常により良いものにしていく必要があります。その他、新規申し込みにかかるお客さま向けのご案内を作成するなど、生命保険の入口部分の多様な業務を行う重要な部署です。

全国で運用されるマニュアルを作成

私自身は、保険契約の引き受けに関する取り扱いのルールであるマニュアルの作成を担当しています。お客さまやフロントライン社員の意見を聞き、ルールの改善やシステム開発の要件の検討を行っています。また、ルールに関するフロントラインからの質問への回答も私の担当業務です。私の回答が直接お客さまとの関係に影響することになるため、そのルールの根拠である法令や約款、マニュアルに基づき、正しい取り扱いの方法を調べ、慎重かつ迅速に回答するよう心がけています。マニュアルの作成については、作業量も多く、文章校正や用語の一つひとつに気を配る必要がありますが、自分の作ったルールが全国で運用されていることの達成感・満足感はとても大きく、やりがいを感じています。

先に何があるのか考えた上で仕事をする

ある手続改正の担当として仕事のチャンスを与えられたときのこと。仕事を進める上で、フロントラインの社員の事務の簡素化を意識するあまり、その先にいるお客さまへの影響を見落としていた部分がありました。その際に上司から言われたのが、「先に何があるのかを考えて仕事をしないといけない」という一言でした。改めて私の仕事の先にはフロントラインの社員はもちろん、お客さまが常にいらっしゃることを意識するとともに、一つの面からのみ物事を見るのではなく、多くの視点でとらえることの大切さを学びました。一人では気付かないこともあるので、それからは担当内はもちろんいろいろな人に相談し、意見をいただきながら仕事を進めるように意識をしています。

1週間のスケジュール

月曜日

[AM]
朝礼、各種照会対応
[PM]
マニュアル改正作業

火曜日

[AM]
各種照会対応
[PM]
打ち合わせ

水曜日

[AM]
担当ミーティング
[PM]
調達式紙の読み合わせ

木曜日

[AM]
マニュアル改正作業
[PM]
打ち合わせ

金曜日

[AM]
各種照会対応
[PM]
打ち合わせ

休日

[AM]
バレーボール
[PM]
友人たちと食事会

日本郵政グループを知る

これまでに培ったお客さまとのつながりを大切にしながら、お客さまの人生のあらゆるステージでお役に立てる企業グループを目指します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職、エリア基幹職、業務職・営業職」、および「一般職」の三つの採用区分があります。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。