社員紹介 総合職

システム開発第一部
2015年入社

井手 和磨

Kazuma Ide

人を知る

学生時代~入社まで

学生時代は体育会サッカー部(高校)、準体育会サッカー部(大学)に所属して、サッカーに取り組んできました。

高校時代は、部員数が100名を超える強豪校にいたため、毎日競争の日々でした。他人にはない自分らしさを確立し、その長所をうまくアピールする重要性を学びました。

一方、大学時代は、監督が不在の理工サッカー部に所属しました。ここでは、より良いチームにするため、競争しながらもお互いを尊重し、試行錯誤する楽しさを学びました。

前者も後者も仕事をしていく上で、不可欠な要素だと思っています。ギャップの激しい経験のできた学生時代は、自分らしさを持った上で各関係者と調整できる今の仕事に非常に活きており、今後の自己形成にもつながる経験だと思っています。

プライベート

郵政グループのサッカー部に所属しており、毎週サッカーやフットサルの活動をしております。活動がない日には、大学や高校の友人とフットサルの大会に出場したりして、体を動かしている休日がほとんどです。

お酒も好きなので、活動後には必ず飲みに行き、郵政グループ各社や他社との情報交換を行っています。できるだけ仕事に役立つ情報を仕入れるため、アンテナを張るようにしています。

また、最近は上司や後輩と一緒に、山登りに挑戦しています。富士山登頂を目標にトレーニングを重ねています。

現場で受け取った
お客さまの声を、
システム開発で形にする

ゆうちょBizダイレクトという、法人向けの決済サービスの開発・更改をしたことがとても印象深いです。

静岡店の法人サービス部で仕事をしていた入社2年目のころ、法人顧客を訪問すると、「○○はできないのか」「○○を改善してほしい」といった声を受けていました。そのとき以来、いただいた声を心に秘め、システム開発の仕事に活かしたいという気持ちをずっと抱いていました。そして2017年、本社のシステム開発部門に異動しました。ただこのとき、既にプロジェクトは始動しており、システム改善に向けた動きは始まっていました。しかし周囲は私の強い希望を汲んでくれ、プロジェクトに途中参戦することが可能に。念願の、法人向けの決済サービスの開発・更改に携わることができました。ゆうちょBizダイレクトは2019年4月にお客さま向けにリリースされ、使いやすいと声も聞こえてきています。

この体験で感じたことが2つあります。1つ目は、本社は現場からの声をしっかり意識し、改善するために必死で検討していることです。2つ目は、お客さまの意見は貴重なきっかけであり、それを直接聞くことができる現場は、あらゆる可能性を秘めているということです。「本社と現場が一体となってゆうちょ銀行を形成しているんだ」ということを実感できた、とても有意義な経験でした。

私がゆうちょ銀行で一緒に働きたいと思う人は、自分の思いや意見を持つ人です。これは、自分が心がけている人物像でもあります。しっかりと考えた上であれば、動いた結果がたとえ失敗だったとしても、リカバリーを十分に実施すれば問題ありません。もちろん反省した上で、自分に落とし込み、同じ失敗をしないことは前提条件ですが、上司も全力でサポートしてくれる環境がゆうちょ銀行にはあります。最初は分からないことが多いと思いますが、自分の思いを持った上で、失敗を恐れず、伸び伸び仕事をするような人と一緒に働きたいです。

仕事を知る

使いやすく安定したシステムの
構築に向け、
検討や調整を重ねる

システム開発第一部のミッションは、システム基盤、非対面チャネルのシステムの開発です。昨今、社会におけるシステムや情報技術は、ますます重要視されており、ゆうちょ銀行におけるシステム部門の役割も大きくなっています。

各部署からのオーダーを正確に把握し、技術をどのようにゆうちょ銀行の業務に還元できるか考え、システムを開発・更改していくことを目標としています。安定したシステムを構築することはもちろん、使いやすさや利便性を意識し、日々、より良いシステムを作るため検討や調整をしています。

郵政グループはとても大きい組織であるため、不具合があると計り知れない影響があります。しかし全国展開されるシステムを作ることができるため、責任感とやりがいのある部署だと感じています。

井手さんの

1週間のスケジュール

  AM PM
月曜日 メールチェック、
タスク確認
検討事項資料作成
火曜日 照会対応 作成資料レビュー
水曜日 ユーザ部打ち合わせ 検討事項資料作成
木曜日 ベンダ打ち合わせ 照会対応
金曜日 ベンダ打ち合わせ 他システムとの
調整
休 日 サッカー、フットサル 飲み会、岩盤浴

決済サービスの主軸となる
「ゆうちょBizダイレクト」の
更なる利便性向上に取り組む

ゆうちょBizダイレクトという法人向けの決済サービスの開発に携わっています。

2019年4月にリリースしたゆうちょBizダイレクトは、法人顧客の求めるニーズに応え、今後の決済サービスの中心となっていくと言われているシステムです。そのなかで、現在、私は主に、2020年向け新機能の開発を担当しています。ゆうちょBizダイレクトに対しては、非常に使いやすいという評価をお客さまからいただいていますが、更なる利便性を求め、関係部署、システム会社と協力して、開発を進めています。

お客さまの満足度の向上やゆうちょ銀行社員の負担軽減という目標に向かって、各関係者から意見や要望をヒアリングし、より良いシステムにするため検討できることに、とてもやりがいを感じています。そのためにも、1週間のスケジュールにある通り、社内外のコミュニケーションを数多くとりながら、多様な関係者の知見を編み上げてより良いものに仕上げて、仕事を進める必要があります。また、関係各署から照会を受けることもとても多く、ゆうちょBizダイレクトに対する期待と自分自身に対する信頼を嬉しく思っています。

様々な思いを持つ社員と
個性を
ぶつけ合いながら成長していける

当行の魅力は、多種多様な社員と一緒に、影響力の大きい仕事ができることだと思います。国内最大規模のネットワークを有している当行には、様々な個性を持った社員が働いています。また、その先には、さらに多くのお客さまが当行を利用しています。常にお客さま本位で物事を考えながら、様々な思いを持つ多様な社員と個性をぶつけ合えることは、この銀行ならではと感じます。

そういった環境のなかで私が目標としているのは、「あの人に任せれば、大丈夫」と言われるような人物になることです。いろいろな経験を積み、知識や見聞を広げ、オリジナルな存在になりたいと思っています。そのためには、システム部門のみならず、総合職として様々な部門で仕事をし、多様な個性を持つ社員と関わっていきたいです。また、そういった環境が当行には、充実していると思います。

日々の仕事に取り組む上では、自分の思いや意見を持つことを大事にしています。仕事をただ実行することは、それほど難しくないと思います。そこで私は、その仕事に対して、「なぜこれが必要なのか」「次に必要となってくることは何か」を考えながら仕事するように心がけています。仕事の背景を考え、自分の思いや意見を持った上で仕事をすることで、納得感や満足感を得ることができると感じています。どんな仕事をするにしても、あるべき姿から、自分の答えを考えることを意識しています。

あわせて読む

日本郵政グループ各社の事業概要

日本郵政グループ各社についてご紹介します。

日本郵政グループ各社の職種

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。
総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。
ここでは、三つの採用区分の違いとそれぞれの仕事概要についてご説明します。

社員紹介

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。
ここでは各職種で活躍している社員をご紹介します。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。