社員紹介 総合職

要員・業務改善部
2013年入社

海野 光洋

Mitsuhiro Umino

人を知る

学生時代~入社まで

大学時代はジャズバンドでドラムを演奏していました。ジャズには譜面がなく、その場のインスピレーションで即興演奏をするというところに魅かれて始めましたが、常にバンドメンバーとお客さまに柔軟に対応して演奏するには、頭を使い体力も消耗するとてもハードな音楽でした。演奏の他には、企業のパーティーで演奏できるよう営業を行ったり、プロミュージシャンをゲストに呼んで他大学との合同コンサートを企画したりといった活動も行っており、学部を聞かれたときは、経済学部ジャズ専攻と答えるくらいジャズに打ちこむ毎日でした。リアルタイムでお客さまの求めるものを考えて、柔軟に対応する力を鍛えたのは、今の仕事にも役立っているかもしれません。

プライベート

社会人になった現在でもジャズバンドの演奏活動を行っています。最近では、ポップス等、流行の音楽をジャズアレンジして、普段ジャズを聴く機会のない人たちにジャズの面白さを知ってもらうような演奏もしています。他には登山と温泉巡りも趣味なので、会社の先輩と一緒に登山に出かけることも多いです。仕事がデスクワークなので体の鈍りを感じますが、頂上の絶景と下山後の温泉は格別です。仕事をする上で、オンとオフの切替えを大切にしており、休むときはしっかりオフを楽しむように心がけています。

本社に配属されて早々に、
アメリカでの仕事を任される

1年目の郵便局での研修が終わり、本社に配属された最初の夏のことです。私は商品サービスの担当をしていたのですが、海外の郵便で使用されているバーコードの調査のために、ワシントンへ出張する機会がありました。同行したのはシステム担当や集配担当といった別分野のメンバーたち。商品サービスの担当としては打合せに私一人で臨む必要があり、非常にプレッシャーを感じましたが、海外との郵便制度の違いを肌で感じることができる貴重な機会となりました。初めて一人で責任を持って行った仕事であったため、今でも強く印象に残っています。私が所属する部署は、若い社員にも積極的に発言や仕事の場を与えてくれ、機会を与えてもらうたびに、自分も会社を良くするために仕事をする一員であると自覚させられます。ちなみにアメリカでの打合せは、午後になるとコーラやケーキが給仕されたことも印象的でした。(笑)
一緒に仕事をしたいと思う人は、「情熱のある人」です。郵便・物流の商品開発は、商品を一つ作るまでに非常に大きな労力がかかります。だからこそ情熱が大切なのです。当社に入社すると、どの部署であってもきっと大きな仕事が待ち受けています。すぐには成果が出ないかもしれませんが、長期的な目線で諦めずに仕事に取り組める、そうした情熱を持っている人には大きな達成感が待っているでしょう。

仕事を知る

宅配業界には欠かせない要員配置の管理

日本郵便には正規社員だけで約20万人の従業員がおり、毎年2兆円規模の人件費を計上しています。要員・業務改善部は、そのうち郵便・物流業務に携わる従業員の適正な配置と効率的な業務の検討を行っております。近年、働き方改革や各業界の人手不足のニュースを見かけることがあると思いますが、どの業界でも労働時間やそこに係る人件費は社会的に大きな注目を浴びています。そうした社会の動きに対応するため、臨時で発足した組織が要員・業務改善部です。(臨時組織のためHPや採用パンフレットの会社組織図には記載されておりません。)各郵便局において、配置のアンバランスから過重労働等が発生しないよう、業務量の調査を行い配置の基準を設定し、効率的な業務を推進することで、会社の収支を安定させることが当部のミッションです。

海野さんの

1週間のスケジュール

  AM PM
月曜日 部内・係内ミーティング 集配関係費用の集計作業
火曜日 新局開局に伴う配置検討 業務量の調査内容の精査
水曜日 支社からの照会対応 配達個数データの集計・分析
木曜日 労働時間データの集計・分析 会議資料の作成
金曜日 会議の準備 本社・支社の連絡会議
休 日 ジャズバンドの練習 家族と買い物や温泉

全国の配達員の要員配置の検討を担当

現在、私は全国の配達員の要員配置管理の担当をしております。インターネット通販の拡大や大型マンションの開発等により、各郵便局で取り扱う郵便及び荷物の量は日々変化しています。本社だけでは全国の状況を詳細に把握することは難しいため、全国の13支社と密に連携し、業務量や労働時間の増減を管理しています。以前は商品開発の部署でマーケティングや広告宣伝の仕事をしていたため、要員の仕事に異動した当初は新しい分野に戸惑うことも多かったのですが、郵便配達は日本郵便の根幹の業務でありながら、日々変化していくもののため、業務の基本をしっかりと理解したうえで、既存のやり方にとらわれない発想で新しい日本郵便を作っていく、非常にやりがいのある仕事と感じています。

チームの力でより便利な社会の実現を

日本郵便は誰もが利用する郵便・物流サービスを通じて、生活や経済の流れをより良くすることを理念として掲げ、その責務を負っています。そのため、一つひとつが大きな仕事であり、たくさんの人に影響を与えます。経理・財務や人事のようなコーポレート部門の業務にも興味はありますが、最終的にはやはり、国内の物流の仕事に携わっていきたいと考えています。
そういった目標にたどり着くため、日々の業務では、チームワークを意識して仕事をすることを心がけています。商品企画や営業を行う人がいて、輸送や配達を行う人がいて、双方が連携しなければ物流は成り立ちません。社内が一丸となってより良い商品を提供しなければ、お客さまに認めてもらうことはできませんし、会社が発展することもありません。そのために、まずは仕事を共にするチームが団結して、さらに大きな輪になっていくよう、やり取りする相手のことも思って仕事をしています。

あわせて読む

日本郵便株式会社 社員紹介

日本郵政グループ各社について

日本郵政グループ各社についてご紹介します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。
ここでは、三つの採用区分の違いとそれぞれの仕事概要についてご説明し、各職種で活躍している社員を紹介します。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。

採用情報(2018年度)

日本郵政グループ各社の採用情報を掲載しています。