社員紹介 総合職

切手・葉書室 2013年入社

吉田 良

Ryo Yoshida

人を知る

学生時代~入社まで

大学生のころは、学業からサークル活動まで幅広く取り組んでいました。
学業に関しては、「大学でもしっかり勉強をしよう」という思いを在学期間持ち続け、よく図書館で勉強していました。その影響で、サークルの友人からは「図書館の住人」というあだ名をつけられたりもしました(笑)。
サークル活動では、80人程度のオールラウンドサークルの代表を務め、運営を行いました。また、当時は家庭教師を派遣する会社でアルバイトをしていたため、数人の友人とレクリエーションを実施することで、家庭教師のアルバイトに興味がある学生さんを集めることも行っていました。

プライベート

プライベートでは、今年から始めたゴルフの練習をよくしています。
友人とゴルフ練習場へ打ちっぱなしの練習に行くほか、月に1回程はコースを回っています。まだまだ上手くはないですが、友人と楽しくスポーツをすることでリフレッシュに繋がっています。接待ゴルフの練習というわけではありませんよ(笑)。

郵便局の業務フロー改善策を立案し、実現する

郵便局での業務を効率化するため、郵便局の管理者を交えた業務フロー改善について考えるプロジェクトが発足したときのことです。このプロジェクトのなかで、私は自身のラインの担当業務について、業務フローの改善を検討することになりました。当初は全く改善策が思いつきませんでしたが、まずは現状分析からと考え、支社の協力を得ながら、実際に郵便局の意見を聞いて回ったり、システムへ入力されているデータを分析して情報収集を行ったりしました。その結果、行った現状分析を基に自分なりの改善策をまとめることができました。その改善策については、上司から経営幹部まで自ら説明した上で了承を得て、プロジェクトの狙いである業務フローの改善を達成することができました。支社や上司に協力してもらいつつでしたが、必死になり自ら考えて行動し、一つの仕事を最初から最後までやり遂げることができたことは、自分にとって大きな自信となりました。
私が現在携わる仕事では、新たな商品・サービスの企画および提案、より効率的な業務フローの構築など、明確な答えのない問いに対しても、自ら答えを導き出す必要があります。そのため、「常に考え、自分なりの答えを出す」ことを意識しています。業務量や期限に追われていると、「今までもそうだったから」「他の人がそう言っているから」という理由で、業務をこなすことを重視し、ついつい「熟慮すること」から離れがちですが、そんなときこそ心を落ち着かせ、改めて「自ら考える」という原点に立ち返るようにしています。

仕事を知る

切手と葉書の「ゆりかごから墓場まで」を管理

現在、「切手・葉書室」という部署に所属しています。「切手・葉書室」では、部署名の通り「切手や葉書の発行」「発行した切手や葉書、印紙所管省庁からの預り資産である印紙の在庫管理」から「手紙振興に係る施策」など、幅広い業務を行っています。
具体的には、社外の方との打ち合わせや社内の会議などを踏まえ、発行する切手や葉書のデザイン企画・決定から印刷会社との契約事務、郵便局への納入等や、郵便局での在庫管理方法まで定めています。このような業務の幅広さから、切手や葉書に関して「ゆりかごから墓場までを管理している」とも言われます。また、預り資産である印紙に関する印紙所管省庁への報告なども行っており、省庁とのやり取りも多いです。
ほかにも、皆さまに手紙をよりたくさん書いていただけるように、小学校・中学校・高等学校へ手紙の書き方が学べるテキストを提供したり、直接学校へ足を運び授業を行ったり、商業施設においてワークショップを実施したりしています。そのため、社外の幅広い年代の方々と触れ合う機会が多く、日々新しい発見を得ながら働くことができています。

吉田さんの

1週間のスケジュール

  AM PM
月曜日 メールチェック、ライン内ミーティング 各種照会対応
火曜日 契約先企業へ提出する資料確認 契約先企業との打合せ
水曜日 葉書の発注数量の算出 葉書の発注
木曜日 納品のためのシステム登録 契約先企業との打合せ
金曜日 他部署との打合せ資料作成 他部署との打合せ
休 日 ゴルフの練習 テレビで野球観戦、のんびり

年賀状などの発行枚数と
印刷を計画・管理する

切手・葉書室の業務のなかで、私が担当しているのは「年賀葉書や夏のおたより郵便葉書(かもめ~る)の調達」です。
この業務ではまず、前年の販売状況などから、その年の大まかな発行枚数を決定します。次に、決定した発行枚数を基にして印刷会社との契約を行います。その後は印刷会社への発注を行い、全国の郵便局へ納入するスケジュールの調整を行った上で、実際の納入となります。これが販売開始前の業務です。
販売開始後は、販売状況や在庫状況を日々確認しながら、追加発注を行います。特に年賀状は、新年の挨拶手段として皆さまに親しまれているかけがえのない日本の文化・習慣であり、年賀葉書の売り切れを起こしてしまってはいけません。とはいえ、在庫が残ってしまうとその分無駄な費用が発生してしまうため、見極めが重要です。

自分の仕事が社会の役に立っている
様子を実感できる

当社の魅力は、日本全国に広がる郵便局ネットワークと、地域の人々からの信頼だと感じています。どんな地域にお住まいの方でも、一度は郵便局をご利用していただいたことがあるのではないでしょうか。それぐらい郵便局は地域に根付き、地域の人々にとってなくてはならない存在となっています。
魅力ある年賀葉書を調達して郵便局へ納入するという現在の担当業務は、全国の郵便局で働く方々や地域の人々に対して、大きな影響力を持ったものです。地域によって環境や状況など、条件が様々なため全ての方々に喜んでいただくことは決して簡単ではありませんが、可能な限り広く意見を吸収し、少しでも多くの方々に喜んでいただけるような仕事ができるよう、頑張っていきたいと思っています。
責任の大きい仕事ですが、特に年末には自らが調達した年賀葉書を各地でたくさん目に触れる機会があります。そのため、「自分の仕事が世の中の役に立っていること」がとても実感しやすく、やりがい溢れる素晴らしい業務だと思っています。
仕事では、決して上手くいくことばかりではなく、上手くいかないことや困難にぶつかること、答えがわからないことがあります。そんなときでも、わからないとさじを投げてしまうのではなく、自分なりに考えたり調べたり、上司をはじめとした周囲の人に相談したりといった様々な手法を使って自分なりの答えを導き、前に進んでいける力が大切だと感じています。困難なことにも、前向きに取り組んでいくことができる人と一緒に働くことができるとうれしいです。

あわせて読む

日本郵便株式会社 社員紹介

日本郵政グループ各社について

日本郵政グループ各社についてご紹介します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。
ここでは、三つの採用区分の違いとそれぞれの仕事概要についてご説明し、各職種で活躍している社員を紹介します。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。

採用情報(2019年度)

日本郵政グループ各社の採用情報を掲載しています。

  • 募集要項
    (決定次第お知らせします)
  • よくあるご質問
  • 採用フローについて
    (決定次第お知らせします)
  • セミナースケジュール
    (決定次第お知らせします)