社員紹介 総合職

不動産部 2011年入社

加倉 亘Wataru Kakura

人を知る

学生時代~入社まで

学生時代はサークル、アルバイト、ゼミ活動に力を注ぎました。特にゼミの仲間と毎回何かテーマを決め、朝から晩まで議論したことは非常に濃い時間だったと思います。グループで1つのものを作り上げる経験は何事にも変えがたい貴重なものでした。テーマやメンバーによって自分の立ち位置も変わるので、まとめ役になることもあれば、積極的に意見を出す役にまわることもありました。今、仕事をするうえでもその都度、役回りが変わることがあり、その経験が活きています。弊社の仕事はチームワークがとても重要です。みなさんもグループで何かをするチャンスがあれば、今のうちから積極的に参加してほしいと思います。

プライベート

オフはランニングなどで、体を動かすようにしています。汗をかくと気持ちがリセットされ、新たな気持ちで翌週の仕事を迎えられます。また旅行が好きで、夏期休暇などでまとまった休みがあれば海外旅行に出かけます。社会人になるとなかなか海外に行けないと言われますが、弊社では1週間ほど旅行に行く人も珍しくありません。長期の旅行に出かけられなくても、普段からバイクで少し遠出をし、楽しんでいます。

新しい視点を持っている人と仕事がしたい

私が仕事をするうえで大事にしていることは、「慣れない」ということです。慣れてしまうと、思い込みから大きなミスをしてしまうことがあります。また、慣れることによって自分のやり方に疑問を持たなくなり、本来改善できることに目が向かなくなってしまいます。会社をよりよくする方法を考えられなくなることは、会社にとって大きな損害につながるのです。だからこそ、仕事に向かうときは常に「初めてやる気持ち」で臨むことが大切だと思い、日々仕事をしています。
弊社の事業は非常に幅広く、1つの会社にいながらさまざまなこと経験できます。部門が変われば、まるで業界の異なる会社へ転職をしたかのような経験ができることは大変魅力的です。また圧倒的な信用力は、他社が真似したくてもできるものではありません。「郵便」という事業が多くの人にとって身近な存在であることは、企業活動にとって大きな利点であると日々感じています。そんな弊社のなかで、私は、将来的には世界に打って出る仕事をしてみたいと思っています。先日弊社はオーストラリアの物流会社を買収し、本格的に世界に進出を始めました。日本国内での信頼を活かし、世界で展開する会社の姿を想像するとなんだかワクワクします。そんな夢物語のようなキャリアパスが、弊社ならできるのです。
弊社の仕事に向いているのは、常に新しい視点を持っていられる人です。日本郵便は先が見えないと言われることがありますが、私はそうは思いません。日本随一の店舗ネットワーク、そして物流ネットワークにはまだまだ世の中を良くする可能性が眠っていると思います。新しい視点を持った人ほど、その眠った可能性を掘り起こせるでしょう。

仕事を知る

合併の経験で得た意識統一のノウハウ

私は入社後に「郵便局株式会社」と「郵便事業株式会社」の合併を経験しました。当時は両社に共通する経理部門に在籍しており、考え方の違う2社のやり方を統一するべく、何度も両社の間に立って話し合いました。そのときに学んだことは、最初にビジョンをしっかり決めておくということです。この統一で何を実現したいのか、誰のための統一なのかといった根本の部分を決めることで、その後の仕組みを考える段階で意見がすれ違っても、ビジョンを意識し、すり合わせることができます。当たり前のことだと思うかもしれませんが、頭でわかっているのと実際に体験するのとでは大きく違いました。この仕事を通じて小手先のテクニックではなく、仕事の基本を学べたことはとてもよい経験だったと思います。

アイデアで土地を耕す不動産事業

不動産部は主にオフィスビル事業、商業施設事業、住宅事業を行っています。会社の新たな収益事業として民営化後にスタートを切り、東京・丸の内にオフィスビル「JPタワー」を建設。商業施設「KITTE」もオープンしました。今は大宮や名古屋など、不動産事業は全国に広がっており、また、廃止した社宅の跡地にマンションを建て、分譲や賃貸として世に送り出す事業も展開しています。当社は郵便局を運営していることから、所有する土地が全国隅々に広がっています。そうした各地に眠る土地をアイデアで耕し、施設の種を植え、営業の水をやり、できた果実をお客さまに届ける。そのことでお客さまのライフスタイルを支える仕事だと思います。

将来を変える移転のお手伝い

不動産部のなかでも、私が担当する「リーシング営業」は、企業活動に必要な「場所」(事務所)を提供するべく、お客さまにオフィスの提案を行う部門です。当社は全国でビルの計画・建設を進めていますが、建てるだけで満足してはいけません。ご入居後も満足していただくことで初めてそこに価値が生まれます。その第一歩を担うためにも、お客さまの課題を把握・分析し、「当社のビルならどのように解決していけるのか」を日々考え、ご提案しています。お客さまの課題は幅広いもので、ときに本社移転を担うこともあります。そうした移転は、そのお客さまに災害対策や節電効率によるコスト抑制など、さまざまな効果をもたらします。皆さんのような、将来を担う方々を惹きつける効果も生まれるかもしれません。まさにお客さまの将来を変える営業をしているのです。

1週間のスケジュール

月曜日

[AM]
メールチェック、各種資料作成
[PM]
お客さまに営業

火曜日

[AM]
契約書作成
[PM]
打ち合わせ、マーケット分析

水曜日

[AM]
お客さまへのアポイント取り
[PM]
営業先分析

木曜日

[AM]
名古屋出張・お客さまに営業
[PM]
備品購入等事務処理

金曜日

[AM]
福岡出張・お客さまに営業
[PM]
契約書類準備、次週の整理

休日

[AM]
ランニング、部屋の掃除等
[PM]
ツーリング等

社員紹介 日本郵便株式会社 一覧

日本郵政グループを知る

これまでに培ったお客さまとのつながりを大切にしながら、お客さまの人生のあらゆるステージでお役に立てる企業グループを目指します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職、エリア基幹職、業務職・営業職」、および「一般職」の三つの採用区分があります。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。