社員紹介 地域基幹職・エリア基幹職・一般職

パートナー部
2015年入社

洲崎 茜

Akane Susaki

人を知る

学生時代~入社まで

高校時代はとにかく部活動に力を入れていました。バレーボール部に所属しており、仲間たちと大会に向けて一致団結し、がむしゃらにプレーしていました。県大会で一度も勝てなかった相手に勝利しベスト8になったときのあの感動は、今でも鮮明に覚えています。
大学時代は、初めての一人暮らし・初めての飲食店でのアルバイト・初めての海外旅行など、今までできなかったことをたくさん経験できました。特に力を入れたのは、ボランティア活動です。商店街のゴミ拾い、東日本大震災からの復興を支援するためのイベント、点字ブロックについての勉強会の開催などさまざまなことを企画・運営し、「誰かのために一生懸命取り組むことはこんなに楽しいんだ!」と気づきました。ボランティア活動で出会った友人とは、今でも旅行に一緒に行くほど仲が良いです。とても充実した学生時代でした。

プライベート

業務終了後は同僚と食事に行くことが多いです。仕事の相談や世間話などたくさんお喋りしながら食事を楽しんでいます。郵便局の方とも食事に行くこともあり、さまざまな話をして親交を深めています。
休日は家でゆったり過ごします。録画しているテレビ番組や動画を見ていることが多いですが、最近はゲーム機を購入したことをきっかけに、地元の友達と通信して一緒にゲームをすることにハマっています。
外に出かけたときは、買い物をしたり、友人とカフェでお喋りをしています。
かんぽ生命は、働き方改革が進んでいて、残業が少なく休みも取りやすい会社なので、プライベートを充実させることができます。

郵便局のメンバーとともにイベントを運営し、成功の喜びを分かち合う

入社以来、さまざまな経験をしてきました。そのなかで最も嬉しかったことは、「洲崎さんがいてくれたから頑張れた」とおっしゃっていただけたことです。
入社2年目の春、ある郵便局で、ロビーの一角に相談コーナーを作り、多数のお客さまから保険に関するご相談を承る「ライフプラン相談会」を開催することとなり、準備を手伝ってほしいという依頼を受けました。その郵便局はライフプラン相談会を開催するのが初めてで、私自身も初めて自分一人で準備を手伝うという状況でした。ライフプラン相談会の開催期間は2日間。2週間前から郵便局をこまめに訪問し、社員さんにライフプラン相談会の手順を説明して、相談コーナーを作るために机・椅子・仕切りの配置を考え、一緒に飾りつけもしました。全員が「ライフプラン相談会を成功させるぞ!」という気持ちで団結していたと思います。私も「絶対成功させたい!」という気持ちでいっぱいでした。
そして迎えたライフプラン相談会の日、様子を見に行くと郵便局は大盛況。その結果、たった2日でその郵便局の保険営業目標の約10%に相当する保険契約のお申込みをいただくことができました。私は本当に嬉しく、ライフプラン相談会が終了した翌日に郵便局にお電話をさせていただきました。そのときに社員さんからおっしゃっていただいたのが、冒頭のお言葉です。
この経験を通して、パートナー部は郵便局の身近な存在であり続けることが大切だと感じました。今後も郵便局の良き相談相手になれるよう、たくさんのことをマスターしていきたいと思います。

仕事を知る

保険の窓口となる郵便局の業務をサポート

パートナー部は、文字どおり郵便局の“パートナー”としてかんぽ生命の募集代理店である郵便局の営業・業務をサポートする部署です。パートナー部の業務の内容は、保険販売実績の成績表の作成、営業推進の向上を目的とする施策の企画・運営、好取組事例を内容とする情報紙や会議資料の作成です。
営業面のサポートでは、郵便局を訪問し、営業推進に対するお礼、募集品質についての指導、ライフプラン相談会の開催に向けた準備のお手伝いのほか、保険営業のスキルアップのための研修、生命保険募集人の資格を取得するための講習会を企画して、その研修等で講師をします。業務面のサポートでは、コンプライアンスに関する指導、事務作業で発生している不備の情報提供や各種書類を適正に取り扱っているかの確認などを行います。

洲崎さんの

1日のスケジュール

9:00 朝礼:その日のスケジュールや期限が迫っている業務などを部の全員で確認します。
9:30 郵便局に電話:実績を挙げていただいた社員さんに お礼と成約までの流れ(セールスのきっかけやどのような商品を勧めたのか等)をヒアリングします。
10:00 移動・郵便局を訪問:企画している営業推進の向上施策の打ち合わせで、ご依頼いただいた資料等を持参し、郵便局を訪問します。
12:00 昼食 : 移動の合間に食事。たまに郵便局長と一緒に食事することもあります。
13:00 移動・郵便局を訪問:ライフプラン相談会を実施している郵便局をサポートします。
16:30 帰社:事務(郵便局長との打ち合わせで決まった営業推進の向上施策を文書化し、支援日誌に1日の活動内容を記録)
17:30 終礼:1日の活動を振り返り、郵便局から受けた業務照会等を共有します。
17:45 退社:終業後は、同僚と食事に行くことが多いです。

郵便局を訪問し、保険募集業務や人材の育成を支援する

私は主に営業面のサポートを行っています。特に多い仕事が郵便局への訪問です。担当しているエリアの保険販売実績の成績表や販売実績の分析シートを作成し、郵便局を訪問して局長や社員さんと営業推進の向上を目的とする施策の内容を打ち合わせたり、その施策の実施に向けた準備やライフプラン相談会の支援などを行っています。
ほかにも、保険営業に積極的にお取り組みいただいている社員さんにお話を伺い、保険営業の好取組事例として情報紙に掲載したり、事務作業を進めるうえで注意すべき点をお伝えしています。
また、郵便局での研修や制度改正の講習会でも講師をさせていただいています。

出会いと挑戦にあふれた環境で、自分を高めることができる

生命保険の仕事を通じてたくさんの出会いがあることや、その出会いによって自分が大きく成長できることがかんぽ生命の魅力です。入社当初の私はとても人見知りで、周囲と打ち解けるのに苦労しました。そのときに手を差し伸べてくれたのが、同僚や先輩・上司、郵便局の局長や社員さんです。今の私があるのは、かんぽ生命に入社して出会った方々のおかげです。
私の目標は「必要とされる人になること」です。仕事をするうえで当たり前のことですが、当たり前だからこそ自分のモットーにしています。ライフプラン相談会の準備を初めて任せてもらったときの出来事をきっかけに、その気持ちが強くなりました。自分を必要とし信頼してくれている人がいることを受けとめ、多くの人のために頑張ろう!と思います。皆さまからの信頼を守るために、精一杯最善を尽くしていきたいです。
私は日頃から、相手の立場に立って行動することを意識しています。かんぽ生命はいつでもお客さまを第一に考えて、より良いサービスを提供することを目指しています。パートナー部におけるお客さまは「郵便局」です。郵便局が今何を求めているのかを郵便局の立場に立って考え、旬の情報をお届けできるように日々情報収集に徹しています。また、郵便局との良好な関係作りも大切にして、郵便局を訪問した際には社員さんと言葉を交わす時間を設け、コミュニケーションを深めています。
パートナー部はとてもやりがいを感じる仕事ですが、すぐにはやりがいを感じないかもしれません。受け持つ業務はとても幅広く、成し遂げることに苦労するかもしれません。しかし、だからこそさまざまなことに挑戦できます。うまくいかなくても何度も挑戦できる、そして、挑戦して自分の秘めた可能性を感じられると思います。チャレンジすることが好きな方、いろいろな経験をしてみたい方、誰かのために一生懸命頑張れる方、ぜひ私たちと一緒に働きましょう!

あわせて読む

日本郵政グループ各社の事業概要

日本郵政グループ各社についてご紹介します。

日本郵政グループ各社の職種

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。
総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。
ここでは、三つの採用区分の違いとそれぞれの仕事概要についてご説明します。

社員紹介

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。
ここでは各職種で活躍している社員をご紹介します。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。