社員紹介 地域基幹職、エリア基幹職、業務職・営業職、一般職

パートナー部 2012年入社

大治 寛子Hiroko Oji

人を知る

学生時代~入社まで

寮生活や一人暮らし、歯科医院の受付事務や飲食店でのホールスタッフのアルバイト、医事法や行政法を取り扱うゼミ、茶道や華道に取り組む茶華道部など、高校生のときには経験できなかったことに挑戦できた大学時代でした。アルバイトではたくさん失敗もしましたが、失敗を通じて働くことの大変さを学べました。貯めたお金で友人と旅行に行ったのも良い思い出です。

プライベート

グループの他社の方とも交流があります。郵便局やゆうちょ銀行の方と食事に行くこともあり、様々なことを話します。また、様々な場所の名所を巡ったり、名物を味わったりしています。最近、車を購入したので、電車で移動していた頃と比べて、行動範囲がぐっと広くなりました。

自分の回答はかんぽ生命の回答

郵便局から業務の取り扱いに関する照会を受けた際、文書やマニュアルを精査することなく「昨年もあった取扱いだから、今年も同じだろう」という勝手な判断で回答してしまったことがありました。すると「その取扱いは今年から変わるという話を聞いたが、本当にあっているのか?」と再度照会。あわてて確認すると、今年の取扱いについては未定で、昨年とは変わる可能性がある案件でした。幸いにもお客さまに迷惑をかけることはなかったのですが、郵便局の方には手間をとらせてしまいました。何かあったときにお客さま対応をするのは郵便局の方であり、自分の軽率な回答は、多くの信頼を傷つけかねないのだと身をもって学びました。それ以降、自分の回答はかんぽ生命の回答と受け止められると考え、さらに責任感を持って行動するようになりました。

仕事を知る

郵便局のパートナー営業・業務支援

まず、募集代理店である郵便局への営業・業務を支援する仕事があります。成績表、情報誌、ポスター、会議資料などを作成したり、営業推進向上のための施策の策定や提案を行います。郵便局を訪問することも多く、営業推進に対する御礼をお伝えするとともに営業、募集品質についての指導、お客さま向けに開催する「ライフプラン相談会」に関する説明を行っています。また、郵便局社員のスキル向上のための研修の企画、報労会議の準備なども私たちの仕事です。生命保険募集人の資格取得のための研修や、新しいシステムが導入した際等の郵便局社員対象の研修の講師役も行います。営業以外の業務の支援として、郵便局でのモニタリング(各種マニュアルや規定に基づいた手続きができているかの確認)、コンプライアンスに関する指導なども担当しており、業務は多岐にわたります。

郵便局の方々と話し合い、会議や研修、施策実施の準備を行う

私は、営業支援の仕事を中心に行っています。担当しているエリアの郵便局長や営業インストラクターとも打ち合わせを行い、それに基づき会議や研修、施策の実施に向けた準備などを行っています。その他の時間では郵便局に赴き、その時々に注意しなければいけない点や営業の声がけなどに使える情報提供もしています。また、担当エリア内の郵便局を訪問し、各種アドバイスや激励を行うこともあります。

郵便局での実務研修も

かんぽ生命では、新入社員研修だけではなく自己の能力向上につながる研修や、業務知識を得られる研修が多く実施されています。郵便局に短期間出向し、実際に業務を学ぶことのできる研修もあります。私は郵便局での勤務経験がないため、今後は研修を経験し、郵便局の方々にとってより身近なパートナー部社員になりたいと思っています。業務範囲が広く、作業が重なったときはかなり忙しい仕事ですが、自分のためだけではなく他人のために一生懸命頑張れる方なら、やりがいをもって働ける仕事だと思います。

1日のスケジュール

9:00

朝礼(部員全員で行い、支店の推進状況や1日のスケジュール確認。)

10:00

事務(依頼を受けた実績表を作成。)

11:00

移動(できあがった実績表を持参し郵便局へ移動。)

12:00

訪問(郵便局長と資料をもとに打ち合わせ、施策を提案。)

13:00

昼食(移動の合間に食事。)

14:00

訪問(ライフプラン相談会を実施している郵便局を訪問。)

15:00

移動(支店に戻ります。)

16:00

事務(郵便局長との打ち合わせの中で決まった施策を文書化&ポスター作成。)

18:00

退社(できあがった施策を郵便局長へ送って退社。)

日本郵政グループを知る

これまでに培ったお客さまとのつながりを大切にしながら、お客さまの人生のあらゆるステージでお役に立てる企業グループを目指します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職、エリア基幹職、業務職・営業職」、および「一般職」の三つの採用区分があります。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。