社員紹介 地域基幹職、エリア基幹職、業務職・営業職、一般職

窓口コース 2013年入社

安河内 夏加Natsuka Yasukouchi

人を知る

学生時代~入社まで

大学の専攻は経営学。商業の歴史や会社経営の成功例、失敗例を論文や施策から学び、個人やグループで発表、意見交換を行うなど、前向きに学業に取り組みました。ゼミでは交通、物流、観光といった分野を専攻。印象深く残っているのは、航空会社を訪問したことです。普段見ることのできない施設を見学させていただき、また働く社員の方々にもインタビューさせていただきました。他にも交通機関の歴史や「道の駅」などの商業施設について研究したり、他のゼミと合同で研究発表なども行いました。大学時代は、自分が選択した科目・研究に打ち込み、とても充実した時間でした。多くの知識を吸収し、考える力を身に付けることができたと思っています。

プライベート

野球観戦が好きなので、ユニフォームを身に着け球場に応援に行きます。昨シーズンは仕事後に球場に駆けつけ、応援している球団の優勝の瞬間に立ち会えました。またリフレッシュのため、休日を利用して旅行にも出かけます。普段のオフは、同期や先輩たちと遊びに行くこともしばしば。食事や岩盤浴を楽しんでいます。

「自分のお客さま」のベースには信頼関係がある

窓口の担当となって「自分のお客さま」ができたとき、とても嬉しかったのを覚えています。お客さまは近くで働いている自営業の方で、初めて私の名前を憶えてくださった方。きっかけは、郵便局で販売していたある商品をお勧めしたことでした。購入いただき、後日来局された際に、「とても好評で、妻に褒められたよ」とお客さまの方から言っていただけたのです。それから来局するたびに声をかけていただき、保険など、いろいろな相談を持ちかけられるようになりました。先輩方が言っている「自分のお客さま」とは、こういうことなんだと実感、とても感激しました。そこには、お客さまとの間に地道に築いてきた信頼関係があるのだと思います。これからも多くのお客さまと信頼関係を築き、「自分のお客さま」をたくさん作っていきたいと思っています。

仕事を知る

郵便、貯金、保険3つの窓口機能

私の担当である郵便局の窓口は、郵便、貯金、保険の3つの窓口機能でお客さま対応をします。郵便の窓口では、切手、はがきの販売や郵便物の引き受けなどを行います。貯金の窓口では公金や国庫金などの払い込み受付、ゆうちょ銀行の貯金の取り扱い。保険の窓口では、かんぽ生命保険の既契約のお客さまから、入院保険金や満期保険金の請求受付等を行っています。私は、いずれの窓口でもお客さまの対応をしていますが、私たちの役割は、単にお客さまのオーダーに応えるだけではありません。郵便の業務では郵便物の引き受けはもちろん、夏にはかもめ~る、冬には年賀はがきの販売といったイベントもあり、お客さまに手紙を書くことの良さをお伝えしています。貯金の業務では、お客さまにとってお得になるような商品、資産運用のご提案やその時々のキャンペーンをお知らせすることもします。保険業務では、保険商品の魅力をお客さまにお伝えし、販売に結び付けていきます。

モチベーションは充実した研修から生まれる

当社の魅力の1つに研修が充実していることがあげられると思います。私の勤務地では、近隣のいくつかの郵便局が一つのまとまりを形成し、一緒に社員のスキルアップを図るため、様々なフォローアップ研修が実施されています。私は、月に一度、保険の養成セミナーに参加。セミナーでは、他局の活動状態を聞くことができ、自分の取り組みを見直せる機会にもなっています。また、他の郵便局で働く同年代の社員や、経験を積んだ社員の方とも出会えますのでとても刺激になります。研修は私にとってモチベーションの源。また、社内には様々な業務があり、将来的に携わることができる業務がたくさんあるというところも魅力の1つです。現在は窓口業務がメインですが、多彩な研修や多くの人との出会いを通じ、将来は新しいことにもチャレンジしてみたいと思っています。

大切なのは感謝の心、自分のファンをつくりたい

私は、感謝の心を忘れないことを大切にしています。商品のご案内、ご提案などで、お客さまにお話を聞いていただけることはとても貴重なことだと思います。忙しい中、お客さまの時間をいただいているということを忘れず、感謝の心を持って接しています。この仕事は、お客さまをはじめ、多くの人との出会いがあり、それが成長の糧になっていると感じています。今後、どの窓口にいても「自分のファン」となってくれるお客さまをたくさんつくっていきたい。それが仕事のやりがいを生んでいくと思っています。

1日のスケジュール

8:30

局内の清掃(営業開始の準備をします。)

9:00

営業開始(窓口でお客さまの対応をします。)

12:00

昼食(終了後は業務に戻ります。)

16:00

貯金、保険の窓口営業終了(締め処理を開始します。)

17:00

郵便の窓口営業終了(郵便局を閉め、翌日の営業準備をします。)

17:15

退社(買い物などして帰宅します。)

社員紹介 日本郵便株式会社 一覧

日本郵政グループを知る

これまでに培ったお客さまとのつながりを大切にしながら、お客さまの人生のあらゆるステージでお役に立てる企業グループを目指します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職、エリア基幹職、業務職・営業職」、および「一般職」の三つの採用区分があります。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。