社員紹介 地域基幹職・エリア基幹職、一般職

窓口サービス部 2015年入社※2017年4月より渉外部所属

宮下 怜也

Ryoya Miyashita

人を知る

学生時代~入社まで

学生時代に最も力を入れて取り組んだことはサークル活動でした。私は軽音楽サークルに所属して部長として活動していたのですが、ただライブをするのではなく、一つのライブをサークルみんなで作るということを意識して取り組みました。部員全員に必ず仕事を割り当て、みんなで意見を出し合い、試行錯誤しながら作りあげたライブはとても感動が大きく、素晴らしい思い出になりました。周りの人と協力しながら物事に取り組むという経験が、今の仕事にも活きていると思います。

プライベート

平日、仕事が終わった後は音楽鑑賞をしており、日々、新しい音楽を見つけることを楽しみに過ごしています。また、資格取得のための勉強に励んでいます。週末や休日は同僚や友人と飲み会をしたりスポーツ観戦をしたりと、積極的に外出をしています。連休には友人たちと予定を合わせ、車で遠出をすることもあります。

頑張りは必ず伝わる!
成果につながる!

入社してまだ数カ月の頃、それまで私が取り扱ったことのない業務についてお客さまからご質問がありました。その時は窓口が非常に混んでいて誰にも聞くことができず、かといって間違った説明をすることもできないので、お客さまをお待たせしてしまいました。その後お客さまは、「今日は時間がないから帰る。こんなに待たされるとは思わなかった。」と帰られてしまい、私はお客さまへの申し訳なさと、自分の未熟さを悔しく思いました。この出来事の後、私は時間を見つけては勉強し、業務についての理解を深めました。そして、次に、そのお客さまが来られた際に再び対応させていただいたときは、滞りなく手続きを終わらせることができました。お客さまからは、「前回から成長したな。ありがとう。」と励ましの声をいただきました。お客さまが私の頑張りを見てくれていたことが、とても嬉しかったことを覚えています。このとき、「頑張り」は見てくれている人が必ずいて、結果もついてくるのだと実感しました。
私たちの仕事は、お客さまあってこそのものだと常に強く感じています。そして、お客さまのために働き、感謝のお言葉をいただけることがとても嬉しく、やりがいを感じる瞬間です。また同時に、そういったお言葉は自分を成長させてくれる大事なものだと考えています。お客さま一人ひとりの生活に寄り添い、その中で自分を成長させたいという思いがある人と一緒に働きたいです。

仕事を知る

窓口での手続き業務や資産運用商品の提案を行う

私が所属している窓口サービス部では、口座の入出金や住所変更、公共料金・税金のお支払いなど事務的な業務を主に行っています。また、お客さまのお話からニーズを汲み取り、その方に合った金融商品を提案させていただくことも私たち窓口サービス部の仕事です。そのなかには投資信託や変額年金保険、国債等の資産運用商品もあります。資産運用商品を提案させていただく際には、お客さまの資産状況や今後のライフイベントなどをお聞きしながら、一人ひとりのニーズに合った商品をご案内します。

宮下さんの

1日のスケジュール

8:30 朝礼(あいさつ唱和、身だしなみチェック、業務連絡・周知等)
9:00 窓口オープン(午前中は主に窓口業務)
13:00 昼食(1時間の休憩を取り、午後からはテレアポ等)
16:00 窓口業務終了(締め作業)
17:00 終礼(その日にあったことを共有、業務連絡・周知等)
17:15 退社(帰宅後は趣味や勉強の時間)

コミュニケーションを取りながら一人ひとりにマッチした商品を提案

私は現在、窓口に立ち、お客さまの手続きを行う業務を主に担当しています。口座の入出金や公共料金・税金のお支払いなど短時間で済む業務(クイック業務)、口座の住所変更やキャッシュカードの再発行、相続などの手続きをする業務(スロー業務)まで幅広く行っています。窓口の業務を行いながら、お客さまとのコミュニケーションを通じて、お客さまのニーズに合った商品のご提案ができるよう心がけています。また、ご来店する機会の少ないお客さまに対して、当行の商品・サービスをご利用いただけるよう、電話にてご案内することにも積極的に取り組んでいます。


早くから仕事を任され、経験を積むことができる

私は店舗に配属されてすぐに窓口に立ち、実際にお客さまと接しながら仕事を覚えていきました。最初はスムーズにお客さまをご案内することができず、悔しい思いをしたこともありました。しかし、今となって思えばとても良い経験をさせてもらったと感じます。なぜなら、失敗し、反省することによって「次からはこうしたらもっと良くできる」ということを考えられるからです。私は自分で勉強するとともに、上司の方のアドバイスを基に日々試行錯誤することにより、お客さまにご満足いただけるようなご案内の方法を身につけました。このように、私たちの会社の魅力は、若い社員にも仕事を任せてくれて色々なことを学ばせてくれるところだと思います。こうして経験を重ねていくうちに、お客さまにより良いサービス・商品を提案したいと感じるようになりました。この気持ちを忘れずに、今後はさまざまな部署でさまざまな形でお客さまに携わっていきたいと思っています。
私は、お客さまと接する際にはたくさんお話をすることを大事にしています。人と話すということは、人を知るということにつながります。相手の思っていることや考えていることをしっかり理解しないと事務的なミスも起こり得ますし、その方に合ったご提案もできません。些細なことでもいいので必ずお話をして、お客さまを知ることを心がけています。

あわせて読む

日本郵政グループ各社について

日本郵政グループ各社についてご紹介します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。
ここでは、三つの採用区分の違いとそれぞれの仕事概要についてご説明し、各職種で活躍している社員を紹介します。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。

採用情報(2018年度)

日本郵政グループ各社の採用情報を掲載しています。