社員紹介 地域基幹職・エリア基幹職・一般職

郵便・物流営業部
2010年入社

保木野 聡美

Satomi Hokino

人を知る

学生時代~入社まで

大学では文学部に所属していましたが、可能な限り異なる学部の講義を受けるなど、自分の分野のみにとらわれず、常に周囲の情報をキャッチすることを意識していました。
留学生の友達がいたことで海外に興味を持ち、長期休暇を利用して一人でインドでのボランティア活動に参加したこともありました。当時、実際に自分の足で歩き、現地で感じたことは大きな財産になっていると思います。
様々な立場の人と触れ合ってきたおかげで、仕事で初対面の方や自分と環境が異なる方と仕事をする際にも比較的容易に打ち解けられるので、良い経験になったと感じています。

プライベート

体をリラックスさせたり、リフレッシュできる場所へ出かけることを大切にしています。温泉施設や岩盤浴が好きで、最近は温泉ソムリエの資格も取得。趣味のひとつとして週末の温泉巡りを楽しんでいます。
時には友人や家族と旅行に出かけて環境を変化させることで爽快な気分になり、また仕事に前向きに取り組める気がしています。

地元の魅力を首都圏で発信したい!
物産展を企画・運営

地元の特産品を首都圏へPRすることを目的として、東京都内の郵便局を利用して物産展を企画しました。郵便局のカタログに商品をご提供いただいている地元業者の魅力をどのように首都圏へ発信したら良いかを、地元の郵便局長と一緒に考えて実現させた、手作りの物産展でした。
数か月前から同僚・上司の協力を得て東京の郵便局、関連会社、保健所等、多方面と調整を行いました。その過程では自分の意図がなかなか相手に正確に伝わらない場面も経験し、関係者全員との意思疎通の難しさや、細やかな報告・連絡・相談の重要性を痛感しました。
開催日当日、初めて単独で出張し、関係者の皆さんとお会いしたときは不安で一杯でしたが、大きな問題もなく無事に1日を終えられたことは自分にとって大きな収穫になりました。
現在の担当では複数の業務を同時進行させなければならない機会が多いため、ある程度は自分で方針を見出して取り組むことが求められます。業務が込み合っているときこそ周囲と連携を図ることの大切さを忘れないように心がけています。
当社には様々な業務がありますが、ひとりで達成できる業務は本当にわずかであり、周囲の協力なくしては実現できないことがほとんどです。わからないことがあったとき、自分なりに考え、行動できる力、上司や先輩、取引先等、周りを巻き込みながら楽しく進めていこうという意欲のある方とチームを組めたら嬉しいです。

仕事を知る

郵便局で販売する商品を企画し、
プロモーションを行う

現在所属している郵便・物流営業部では、切手、葉書、ゆうパック、物販カタログ、広告等の商品について、「商品企画」「お客さまへのお知らせツールの作成」「営業推進管理」「商品に関連するイベントの企画・実施」等、販売に係る一連の業務を行っています。
郵便局の窓口で販売する商品に関係する情報発信や郵便局への周知、営業の推進管理が主な業務です。また、郵便局長等と協力しながら切手や葉書を一から考案し商品化したり、地元の美味しいものを全国にお届けできるようなチラシやカタログを作成したりする機会もあります。作って終わりではなく、どのように販売チャンスを見出すのかを模索しながら販売終了まで見守ることができるため、商品一つひとつに対して最後まで責任を持てる仕事だと感じています。
それぞれの過程で取引先や郵便局へ直接足を運ぶ機会も多いため、常に変化を楽しみながら新鮮な気持ちで業務に取り組むことができます。

保木野さんの

1日のスケジュール

8:00 出社
8:30 始業:前営業日の推進表の作成、メールチェック
9:00 企画調整: 企画の打合せ、電話対応
10:00 本社報告:カタログ配分数の作成
12:00 昼食:事務室内でお弁当
13:00 来客対応:業者と打合せ
16:00 資料作成:販促ツール作成、情報紙作成
17:15 退社

商品に関わる人すべてのイメージを具体化させ、協力して目標達成を目指す

現在は主に郵便局で販売している物販カタログやフレーム切手など、店頭販売商品の販売促進を担当しています。
具体的な業務内容は、前年度の販売状況やそのときのトレンドを勘案して販売方針を決定し、商品の企画・選定を行うところから、販売促進ツールの作成、販売をスタートさせた後の推進管理、販売インセンティブの企画等です。
商品の企画・販売には商品提供者、制作会社、本社、お客さまとの窓口である郵便局等、様々な方が関係します。その商品が生まれてから郵便局の窓口で販売を終了するまでの期間、常に各関係者の意向を聞き取りつつ丁寧な調整を重ねていくことも大切な業務のひとつです。
周囲と協力しながら描いたイメージを実現し、皆で目標達成を目指すという面白さを味わえます。

大好きな地域の活性化に貢献したい

当社の魅力は、日本全国に広がるネットワークや地域との強い関係性だと思います。特に山間地や高齢化が進んでいる地域でこそ郵便局の存在は大きく、「郵便局なら」という期待を受けていることを日々実感しています。自分の出身地や好きな地域に密着して働きたい、貢献したいという意欲がある方には最適な環境が整っていると思います。
現在は地元の特産品をカタログ商品化する業務に携わっていますが、ゆくゆくは商品知識やマーケティング知識を深め、現在よりもさらに深く地元業者の方にもお客さまにも喜んでいただける商品の企画・開発に携わり、自分がお世話になった地域の活性化に繋がる仕事をしたいと考えています。
その目標を実現するために、日々の仕事では、同僚、上司、取引先等と丁寧にコミュニケーションを図ることを心がけています。自分から情報を収集する姿勢を持つことで、新たな知識を得るチャンスも増えると思っています。
また、日々自信を持って業務を行うために「小さな成功」を感じられるように意識しています。自分で決めた時間までに資料をまとめたり、やり終わった業務は手帳にマーカーを引いて達成感を味わったりするなど、些細なことですが、良い気分で仕事をするために自分なりに工夫をしています。

あわせて読む

日本郵便株式会社 社員紹介

日本郵政グループ各社の事業概要

日本郵政グループ各社についてご紹介します。

日本郵政グループ各社の職種

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。
総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。
ここでは、三つの採用区分の違いとそれぞれの仕事概要についてご説明します。

社員紹介

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。
ここでは各職種で活躍している社員をご紹介します。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。