社員紹介 地域基幹職・エリア基幹職、一般職

窓口サービス部 2015年入社※2017年4月より渉外部所属

山下 紗弥

Saya Yamashita

人を知る

学生時代~入社まで

学生時代に力を入れていたのは、アルバイトです。様々な職種、職場を経験することが自分の成長につながると考え、複数のアルバイトを掛け持ちしていました。中でもファストフード店でのアルバイトでは、お客さまに「また来たい」と思っていただける店づくりを目指し、笑顔で気持ちの良い挨拶、ミスを防ぐための声出し確認の徹底、小さな気遣いを忘れないという自分なりの目標を立て、仕事に取り組みました。お客さまと接する時間の短いファストフード店では、お店をイメージづける最初の挨拶は、何より大切ですし、また、注文された商品の数を間違えないように常に気をつけていました。これらの心がけの成果か、お客さまに「いつも笑顔で気持ちが良いね。また来ます。」とお声をかけていただくことができました。この経験は、現在の窓口業務にも活かすことができており、当時立てた目標を今でも日々心がけています。

プライベート

週末は、友人と食事をしたり、日帰りで遊びに出かけることが多いですが、最近は習い事でホットヨガに通い始め、汗を流すなど、ますます充実してきました。また、夏期・冬期と長期休暇をしっかりと取ることができるので、その期間を利用して旅行に出かけ、リフレッシュしています。

営業の喜び、やりがいと出合う

入社1年目後半の頃です。お子さまの新規口座の開設にご来店いただいたお客さまがいらっしゃいました。まだ0歳のお子さまにゆうちょの口座を作ってくださるということは、お母さまもゆうちょの口座をよくご利用していただいているのでは、と私は考えました。その時はお子さまとご一緒ではなかったのですが、お話をうかがったところ、ゆうちょ銀行をメインバンクとしてご利用いただいているとのことでした。そこで、クレジット一体型のキャッシュカードのご案内をすると、「ゆうちょはよく利用するからクレジットが一体となっているのは便利だ。」「子どもがまだ小さくて、普段はゆっくり話を聞くことができないから、今日はちょうど良かったわ。」と快くお申し込みいただけました。その後、3~4カ月経った頃、お子さまとご一緒に別のお手続きでご来店いただいたので、ご挨拶をすると、お客さまも私のことを覚えてくださっていて、「カードを作って良かったです。よく使っています。」とおっしゃっていただきました。自分の提案した商品がお客さまのニーズに合って、喜んでいただけたこと、また、お客さまが自分のことを覚えてくださっていたことがとても嬉しく、営業の喜び、やりがいを感じました。
私が仕事をする上で一番大事にしていることは、お客さまの話をよく聞くことです。入社当初、お客さまの手続き内容をしっかりと確認できていないまま進めてしまい、必要以上に時間をかけ、お客さまにご迷惑をかけてしまうことがありました。今は、安心してお手続きを任せていただけるようお客さまのご要望を初めにしっかりと聞いて明確にし、よく確認させていただくよう努めています。また、商品をご案内する際も、自分が一方的に話すのではなく、積極的に質問や会話をすることで、お客さまは何に興味があるのかを知り、お客さまのニーズに適した商品をご案内できるように心がけています。

仕事を知る

各種の手続きや商品・サービスの案内を行う

私の所属する窓口サービス部は、店舗にご来店いただいたお客さまのお手続きをさせていただくことが主な役割。お手続きは、新規口座の開設や現金の入出金、送金、外貨両替など様々なものがあります。ゆうちょ銀行の顔として、スムーズにお手続きをさせていただき、気持ち良くお客さまにお帰りいただけるよう、日々勉強することばかりです。同時に、一番お客さまと身近に関わることのできる部署なので、お客さまから「ありがとう」の言葉をいただけたり、顔なじみのお客さまができたりと、やりがいや喜びを感じることができる仕事です。また、定額定期貯金やクレジット一体型カードなど、ゆうちょ銀行の商品を一人でも多くのお客さまに利用していただけるようご案内、商品提案することも重要な役割です。

山下さんの

1日のスケジュール

8:30 朝礼
9:00 窓口業務開始
12:00 昼食(店舗に食堂があるので、休憩時間の重なった方とご一緒します。普段あまり話す機会のない他部署の方々ともお話しできる貴重な場です。)
13:00 引き続き窓口業務
17:15 退社(私の働く店舗は延長店と呼ばれ、窓口が18:00まで営業しています。そこで、退社前には遅番の方々に仕事を引き継ぎます。延長店では、8:30~17:15と10:30~19:15の二交代制で業務に取り組んでいます。 )

部署全体で若手をバックアップ

私は現在、店舗のロビーでお客さまのお手続きのご案内や、窓口で実際にお手続きの処理を行う業務を受け持っています。口座の開設、入出金や送金など、どれも間違いがあってはいけないので、スピーディーかつ正確な処理ができるよう、日々その日の業務を振り返りながら、業務の習熟に努めています。初めは緊張してしまい、どう声をかけたら良いかわからず、戸惑ってばかりでした。そんな時、先輩社員の方々がお手本や、お客さまへの話し方を教えてくれました。そして、お申し込みがいただけると、部署全体で「おめでとう」と声をかけて喜んでくれます。おかげでどんどんやる気が高まり、「もっと頑張ろう」と思いながら日々、お客さまへの声かけをしています。

周囲の先輩たちのように、長く働いていきたい

ゆうちょ銀行の魅力は、長く働くことのできる環境が整っていることだと思います。福利厚生が充実しており、しっかり有給休暇を取ることもできますし、育児休業、短時間勤務などの制度を活用して、活躍している女性社員の方が店舗にもたくさんいます。制度があるだけでなく、実際に使っている方が周りに大勢いるので、今後、自分自身も長く働いていくというビジョンを持つことができます。私は入社からずっと窓口業務を担当していますが、今後は、資産運用商品の提案等もしていけるようになりたいと思い、日々勉強中です。ゆうちょ銀行での仕事は、窓口サービス部だけでなく、渉外、ローンや法人営業など、とても幅広いです。そのため、様々な仕事を経験するチャンスがあるので、知識や経験を積み、自分の力が一番発揮できる場所を見つけていきたいと考えています。
店舗では、お客さまと接する時間が1日の8割以上を占めるので、人と接することが好きな方はこの仕事に向いていると思います。お客さまとの会話を楽しんだり、手続きを通して「ありがとう」の言葉をいただけたりと、喜び、やりがいのある仕事です。大変なこともありますが、上司、先輩方、同期が力になってくれるので、みんなで一緒に店舗を盛り上げていきましょう。

あわせて読む

日本郵政グループ各社について

日本郵政グループ各社についてご紹介します。

職種・仕事・社員を知る

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。
ここでは、三つの採用区分の違いとそれぞれの仕事概要についてご説明し、各職種で活躍している社員を紹介します。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。

採用情報(2018年度)

日本郵政グループ各社の採用情報を掲載しています。