社員紹介 地域基幹職・エリア基幹職・一般職

集配・品質部
2010年入社

宮本 豊

Yutaka Miyamoto

人を知る

学生時代~入社まで

大学時代には色々な場所へ旅行しました。旅行資金を貯めるため、大学1・2年生の頃はかなりアルバイトをしており、その甲斐あって、自分が行きたい場所を多く訪れることができたと感じています。連休や祝日にあまり影響されない学生の特権をフル活用し、閑散期を狙って多くの人気スポットを訪れました。「ご当地の食材を食べ、名所を訪れ、いい温泉宿に泊まる」という3点は私の中で必須でしたね。アルバイトに励みたくさん旅行したことは、見聞が広がるとともに、とても良い思い出になりました。

プライベート

休日は野球をして汗を流します。私は、地域の郵便局のチームに所属しているのですが、郵便局のチームのみの大会があり、全国大会まであることには驚きました。数年前に全国大会へ出場した際、相手は九州のチームでした。結果は負けてしまいましたが、学生時代に部活で野球をやっていたときには、全国の学校と対戦できる機会はなかったため、とてもワクワクしたことを覚えています。チームの年齢は幅広く、野球未経験者もいますが、全員が野球そのものを心から楽しんでおり、学生のときとはまた違った楽しさがあります。今後もずっと続けていきたいと思います。

ご高齢の方のピンチを救った
お客さまとの関係性

入社して3年目、いつも通りバイクに乗って配達をしていると、視界の端に何か揺れるものが見えました。バイクから降りて見てみると、家の奥の小窓からトイレットペーパーが垂れ下がっていました。何か変だなと思い近づいてみると、かすかに呼びかける声が聞こえました。小窓に向かって声をかけると、トイレの鍵が壊れてドアが開かなくなってしまったと返答がありました。普段からそのお宅に配達する際に交流があり、ご高齢の女性が一人暮らしされていることを知っていた私は、「どなたかご家族の電話番号はわかりますか?」と尋ねました。ご家族の電話番号を教えていただけたため、連絡を取り経緯を伝えると、5分ほどで来ていただけるとのことでした。2時間くらい閉じ込められているという状況を伺ったので、少しでも助けになればと小窓からお水を渡し、次の家の配達に向かいました。後日、違う社員がその家に配達に伺った際、とても感謝されたそうです。自分自身が、日々の仕事をただこなすのではなく、お客さまとの関係性を大事にしようという姿勢でいたからこそ、普段との違いに気づくことができ、今回の出来事に繋がったのだと思います。支社に勤務している現在も、その姿勢は崩さないよう心がけています。

仕事を知る

配達・集荷業務の改善や社員研修をけん引

私が所属している集配・品質部は、地域の郵便局の社員が、より安心・安全・高品質な配達・集荷業務ができるよう、各種企画の立案や取組を実施している部署で、配達システムの導入や、必要となる社員数の確保や配置を検討しています。そのために、日々の郵便物や荷物量の調査や、社員一人ひとりの作業能率の調査などを行います。また、新たに役職を目指す社員に対して、必要なスキルを身につけてもらうための研修を実施しています。品質面では、お客さまからお預かりした郵便物や荷物を確実・丁寧にお届けするため、郵便局を訪問し、日本郵便社員としての身だしなみ・マナーの徹底、車両の整備・点検方法の習得、配達基本動作のレクチャー、安心安全な運転技術講習などを実施しています。

宮本さんの

1日のスケジュール

8:45 出社:朝の連続ドラマを観てから出社するのが日課です
9:00 始業:メールを確認し、前日からの仕事の続きや文書の作成、各種連絡事項の部内 への周知などを行います
12:00 昼食:社内食堂を利用しています。ほとんど毎日、採用同期のメンバーで集まって 談笑しています
13:00 ミーティング:係内で、仕事の進み具合や郵便局からの問い合わせ内容を共有し、 遅れが生じている仕事はフォローし合って対応します
16:00 進捗報告:その日中に終わらせなければいけない仕事がある場合は、上司に必要な残業時間を報告します
17:45 退社: 残業がなければ定時に帰宅します

郵便局社員の業務環境を活性化し、
安心・安全・高品質をめざす

私は主に、班活動の活性化業務を担当しています。郵便局で配達・集荷を担当する社員は、それぞれ班と呼ばれる小集団に所属し、班長を中心に日々の業務や担当地域における営業活動などを行っています。私は、班長や班員の方がより安全に、高品質なサービスを提供できるよう、郵便局への好取組事例の情報提供、各地方の班長を集めた課題の解決や情報交換を目的とした会議の開催などに携わっています。また、実際に郵便局に足を運び、日々の業務運行が正しく行われているか、何か困っていることや問題点がないかをヒアリング・モニタリングし、必要に応じて改善指導や研修を実施しています。

仕事の領域を決めつけず、
踏み込んでいくことで知識を広げる

当社での仕事は、身近な人はもちろん、多くの方のためになる公共性の高さが魅力だと思っています。配達をしていたときは、担当する地域のお客さまに郵便物や荷物を確実にお届けすることが自分の仕事でした。誰のための仕事なのかがシンプルでわかりやすく、お客さまの顔を覚えれば覚えるほど仕事のモチベーションも高くなりました。支社で勤務するようになり、お客さまと直に接する機会は少なくなりましたが、自分の仕事によって、郵便局の社員がより働きやすい環境が整い、その先にいる地域中のお客さまの満足に繋がると信じて仕事をしているので、非常にやりがいがあります。将来的には郵便局の管理者となり、これまでの経験を生かして自ら動いて現場の課題を解決していける社員になることが目標です。
そのためにも、「自らの仕事の領域を決めつけない」ということを意識しています。例えば、郵便局から“どこに問い合わせればいいかわからない”という電話を受けることがあります。自分の担当する業務内容でない場合、事務的に正規の担当に繋ぐことは簡単ですが、内容を聞いた上で担当部署に引き継いだり、調べて答えることができれば、それも自分の知識とすることができます。わからないことは多々ありますが、わからないことにぶつかる度に、自ら学ぶことによって見聞が広がる楽しさは一種の快感です。その機会をより多く得るためにも、仕事の領域を決めつけず一歩踏み込むことを意識しています。
誤解を恐れずに言えば、「普通」の人がこの仕事には向いていると思います。「普通」に人と話すことが好きで、「普通」に他人のことを思いやることができ、「普通」に日々の生活を楽しんでいる方に、ぜひ郵便局で働いてほしいと思います。郵便局の仕事はお客さまの生活にとても身近です。お客さまの日常に寄り添うためにも「普通」であることはとても大切な適性だと考えています。

あわせて読む

日本郵便株式会社 社員紹介

日本郵政グループ各社の事業概要

日本郵政グループ各社についてご紹介します。

日本郵政グループ各社の職種

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。
総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。
ここでは、三つの採用区分の違いとそれぞれの仕事概要についてご説明します。

社員紹介

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。
ここでは各職種で活躍している社員をご紹介します。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。