1. TOPページ
  2. 採用担当者座談会

採用担当者座談会

採用担当者が語るそれぞれの「志」は? 皆さんが気になる日本郵政グループの現在や採用活動を通じて感じていることなどを3名が熱く語り合いました。 新しいビジネス、新しいサービスを共につくっていく仲間に向けた私たちの熱いメッセージをお伝えします。

人事部 人材研修育成室

阿部 央久

Teruhisa Abe

メッセージ

Theme 1

会社の魅力は、
そこで働く社員の魅力

日本郵政グループで働く「人」を通じて
知ってもらいたいこと

湯川
本日はよろしくお願いします。私は入社3年目、採用担当としては初年度になります。
片桐
よろしくお願いします。私は入社5年目で、採用担当は2年目になります。
阿部
私は入社7年目、片桐さんと同じく採用担当は2年目になります。この座談会には昨年度も参加しましたが、「サイトを見ました」と直接声をかけてくださった学生の皆さんもおり、今年も参加でき嬉しく思います。採用担当者として感じたことをどんどん伝え、日本郵政グループに興味を持ってもらうきっかけになると嬉しいです。
湯川
そうですね。採用活動は、3社それぞれがテーマに沿って行っている部分もありますが、一方で共通しているところもあるように感じます。働いている「人」を見てもらおうと意識しているところなどは、3社共通ではないでしょうか。
阿部
はい。日本郵便では、その点はかなり意識しています。元国営の組織ということもあり、日本郵便の社員に対して「お堅い」イメージを持つ学生の皆さんが多いのですが、実際に弊社で働く社員の雰囲気は驚くほど違います。そのため、社員と直接会って話すことができる機会を多く設けるよう意識しています。社員と交流した学生の皆さんから「元々抱いていたイメージと違って、明るく話しやすい社員が多いことを知ることができた」などと言っていただけた際は、嬉しく思いますね。
片桐
私も社員の人柄に好印象を持っていただく学生が多いように感じます。かんぽ生命には相手のことを思いやる親身な社員が多いので、そのことが学生に伝わっている印象です。仕事でも上司や先輩が親身になってアドバイスすることが多いですね。
湯川
ゆうちょ銀行もサークルのリーダータイプから口数が少なく純真な印象の人まで様々なタイプの社員が活躍しています。そのため、いろいろな人がいることを知っていただけるように、社員とじかに話せる機会を数多く提供しています。その上で、応対での丁寧さや温もり、新しいテクノロジーによる変革をいとわず推進していくチャレンジングなところなど、共通している部分も感じていただきたいと思っています。

若手に仕事を任せ、
挑ませるカルチャー

阿部
日本郵便には、民営化を経験し、「変革」「チャレンジ」を意識した柔軟な考え方を持つ管理者が多く、若手社員の意見を積極的に取り入れようとするマインドが根付いています。そのため、自ら声を挙げ主体的に動くことができるチャレンジングな若手社員が活躍していますね。そういった魅力的な職場環境であることも、知っていただきたいです。
片桐
その点はかんぽ生命も同じですよ。若手社員は上司から意見を積極的に求められ、良い意見は取り入れてもらえる環境がありますし、若手社員でもプロジェクト(我々であれば会社説明会等の企画、進行など)の先頭を任されることが多く、そのようなときは仕事に大きなやりがいを感じます。この風土は日本郵政グループ共通ではないでしょうか。
湯川
そうですね。任せる一方で先輩社員の面倒見も良く、自然と成長が促される環境があると思います。多くの若手社員が活躍し、様々な変革に挑んでいますね。変革に挑むというところにおいて、ゆうちょ銀行では、近年ニーズが高まっているプリペイドカードやスマートフォンを活用したキャッシュレス決済への対応を強化しています。日本郵便とかんぽ生命では、いかがでしょうか。
阿部
日本郵便では、少子高齢化や過疎化に伴う人手不足への対応の一つとして、ドローンや配送ロボット、自動運転車などの新技術を活用した郵便物や荷物の輸送・配送の導入に取り組んでいます。ドローンについては、既に一部の郵便局において実用化も開始しました。他には、東京駅前にある「JPタワー」をはじめとした、保有する不動産を活用したオフィス・商業施設などの不動産開発事業の展開がありますね。最新技術や経営資源を最大限に活用し、変革に挑み続けています。
片桐
かんぽ生命も「変革」というキーワードを意識しています。一例として、お客さまの生命保険商品に対するニーズは社会環境や経済環境により刻々と変化していますから、変化するニーズに応えることができる新たな保険商品の開発を進めています。
湯川
若手社員も含めグループ全社員が変革に挑戦し続けることで、これまでの歴史で培ってきた「安心」「信頼」に加えて、お客さまの期待に応えられる「トータル生活サポート企業グループ」に近づいていきたいですね。

日本郵政グループ各社の事業概要

日本郵政グループ各社についてご紹介します。

日本郵政グループ各社の職種

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。
総合職とは「サービスや仕組みを自ら創り上げ、コントロールする仕事」、残る二つは主に「お客さまにサービスを提供する仕事」です。
ここでは、三つの採用区分の違いとそれぞれの仕事概要についてご説明します。

社員紹介

日本郵政グループには、「総合職」、「地域基幹職・エリア基幹職」および「一般職」の三つの採用区分があります。
ここでは各職種で活躍している社員をご紹介します。

キャリアモデル

日本郵政グループ各社の仕事は多種多様ですが、そのいずれにも共通していることは、この国のすべての人のために汗を流すという使命感であり、お客さま一人ひとりからの信頼こそがすべての仕事の源にあるという自覚です。働き方は生き方です。日本郵政グループでは、いろいろな支え方で、たくさんのプロフェッショナルが活躍しています。